非公開ネタ~天才 秋元康 の言葉を振り返る~ | 西野亮廣エンタメ研究所 過去記事 20200809

8月9日(日)

おはようございます。

冒頭のツカミの挨拶がすぐに思いつかない日は「僕の才能もここまでか…」と思ってしまうキングコング西野です。

#そんなに大事なコトじゃねーだろ

さて。

今日は随分踏み込んだ話をするので、感想を呟いていただく分には構いませんが、具体的な話を表で呟くのは控えてください。

んでもって、今日の記事は二日後には削除しようと思います。

(※その理由については後程)

━━━━━━━━━━

▼ 「才能」について

━━━━━━━━━━

誰かのプライドを傷つけてしまう内容になるので、ここから先の話は本当にナイショね。

#そのかわり本音で喋ります

…昔、秋元康さんから、

「西野君は世間の皆や、とくにクリエイターから、『ビジネスを上手くやっている人』とされて、その作家としての圧倒的な才能を死ぬまで過小評価され続けるだろうね。西野君を『ビジネスを上手くやっている人』としないと、命を削って作品制作に打ち込んでいる彼らの自我がもたない」

と言われたことがあります。

…自分で言うのもアレですが、これ、本当に分かるんです。

#今から少し黒西野が出ます

多くの・・・

 

非公開ネタ

 

・・・

 

この辺の本音は『スナック西野』で喋っておりますので、そちらで御確認ください。

※ちょっと言いすぎたかも。

https://www.youtube.com/cha…/UCOy5sLcFLqYNqZ1iurp4dCg/join

━━━━━━━━━━━

▼ 数字をデザインする

━━━━━━━━━━━

朝から黒い西野が出てしまったので、ここからは、いつもの優しい西野に戻ります(^o^)

僕は後輩に(そしてサロンメンバーさんにも)『お金』と『広告』を徹底的に学ぶように伝えています。

さきほど申し上げましたが「ビジネスモデルから作り上げないと世界を獲れないから」です。

※ちなみに僕は今、『トイレットペーパー』と『食器用洗剤』のをせっせと作っています。

売り上げの3%を絵本の購入&寄付にまわす建て付けにしていて、「人間が生活していく以上、絵本が売れ続ける仕組み」をせっせと作っています。

そんなこんなで今日は、「『数字』をどのように扱って、『広告』に繋げていくか?」という話をしたいと思います。

先日、『スナック西野』の収益の分配について吉本興業と話をしました。

通常のYouTubeの収益の分配に関しては、タレントと事務所で「6対4」みたいな感じで綺麗に分かれているのですが、有料チャンネルである『スナック西野』の収益(ゲストとスタッフのギャラを差し引いた分)に関しては、西野も吉本興業も受け取らず、全額、寄付にまわすように伝えました。

寄付といっても、映画チケットのプレゼントや、絵本のプレゼントです。

理由は、そこで直接収益を受け取るよりも、そのお金を使って「観客動員数」や「発行部数」という数字を上げた方が、2次展開や、3次展開が生まれやすくなり、最終的に、より大きな収益が生まれるからです。

なので、「このお金は受け取っちゃダメ」という話を吉本興業にしました。

吉本興業としても、映画『えんとつ町のプペル』をメガヒットコンテンツに成長させて、自社で持っておいた方がいい。

ちょっと、ややこしい話ですが、僕たちが働いたら、その対価として『数字(だいたいの場合はお金)』が貰えるわけじゃないですか?

その『数字』をどういった形で、どこに計上するのが一番良いのか?を考えることが非常に重要で……今回の『スナック西野』の場合なら、映画『えんとつ町のプペル』の「観客動員数」に計上するのが一番良いよね、という判断です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ より広告効果のある『数字』のデザイン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここだけの話ですが、8月13日に東宝さんの公式チャンネルで、映画『えんとつ町のプペル』の予告編第一弾(30秒バージョン)が公開されます。

これを受けて僕は、「予告編を誰でもダウンロードできる状態にして、皆のYouTubeチャンネルで自由にアップしてもらった方がいいのでは?」と提案しました。

「一ヶ所で予告を流すよりも、1万人が予告編を流した方が、より多くの人に見られるのでは?」という魂胆です。

たしかに、「より多くの人に見られる」という点では、その方法が一番かもしれません。

今っぽくて、面白いです。

ただ、そんな中、今回の宣伝プロデュースをしてくださっている『キコリ』の木村さんから、「予告編は、東宝の公式チャンネルでしか観れないようにして、その予告編の再生回数が、東宝の他の話題作を上回った方が、インパクトもあるし、東宝さんも本腰を入れようと思われるかもしれません」と言われて、「たしかに!」と叫ぶ西野(笑)

#考えがコロコロ変わります

「より多くの人に観られる予告編」を取りに行くか、それとも、

「東宝の公式チャンネルの中で最も予告編が観られた作品」を取りに行くか?

…という話です。

最終的には、おそらく後者に『数字』を計上した方が(東宝さんが本気になるし)広告効果がありそうです。

こういう判断がとっても大切ですね!

そんなこんなで、映画『えんとつ町のプペル』の予告編は東宝さんの公式チャンネルのみ(※ときどき毎週キングコング)で配信することに決めたのですが……この記事の冒頭で「今日の記事は二日後に削除します」とお伝えしましたよね?

実は東宝さんから「サロンメンバーさん限定で、先行で、予告編を流してもらってもいいですよー」という話をいただいたんです。

ただ、サロン内でいつでも観れる状態にしておくと、東宝さんの公式チャンネルの再生回数が回らないので、次に予告編を観る時は東宝さんの公式チャンネルで観てもらえるように、映画『えんとつ町のプペル』の予告編を添付したこの記事は二日後に削除します。

「サロン内で映画の予告編が公開された」ということは表で呟いていただいて構いませんが(ていうか呟いて!)、この動画(予告編)は絶対に表には出さないでください。

#サロンメンバー特典です

こうして『数字』の置き場所をデザインしながら、収益や集客の最大化を図っています。

何かしらの参考にしてください。

ただ一つ。

どれだけ『数字』をデザインしようが、どれだけ見事なビジネスモデルを作り上げようが、中身(作品)がクソだったら、何も生まれません。

最後に添付した予告編で御確認ください。

(※画質は少し悪いです)

ビジネスモデルなんてどうでもよくて、クオリティーで圧倒しています。

作家ですから(*^^*)

現場からは以上でーす。

【追伸】

サロン記事の感想を呟かれる際は、文章の最後に『salon.jp/nishino』を付けて《本垢》で呟いていただけると、西野がネコのようになつく場合があります。

━━━━━━━━━━━━━

▼公開から2日が過ぎたので、動画は削除させていただきました。次は、東宝さんの公式YouTubeチャンネルで8月13日に公開されますので、そちらで御確認ください。

いつもありがとうございます。好きです。

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

西野亮廣エンタメ研究所

西野亮廣エンタメ研究所では、毎朝2000~3000文字の投稿が届きます。

手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを“現在進行形”で覗くことが出来ます。

経営者、ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA