ファンタジーを現実にする魔法~〇〇の中に〇〇を混ぜる~ | 西野亮廣エンタメ研究所 過去記事 20200730

7月30日(木)

こんにちは。

二日酔いで立ち上がれなかったので、せめて勉強しようと思いビジネス系YouTuberさんの動画を観ていたら、「デキるビジネスマンは時間の重みを知っている。二日酔いなどしない」と語られてしまったキングコング西野です。

さて。

今日は「ファンタジーを現実にする魔法」というテーマでお話ししたいと思います。

皆さんが生きていく上でまったく役に立たない内容です。

※最後に絵描きさん(サロンメンバー)にお仕事の発注があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 自覚がある嘘と、自覚がない嘘

━━━━━━━━━━━━━━━━

ディズニーランドやUSJが好きで、今でも足繁く通っています。

ひとたび門をくぐればそこは夢の世界。

ミッキーマウスを見つければ、今でも飛んでいって一緒に写真を撮ってもらいます。

#グーフィーってあんまり人気ないよね

一方、京都や金沢といった街も好きです。

建ち並んだ木造建築を見るたびに、「あぁ、日本人で良かったなぁ」と思います。

ところで僕たちは、ディズニーやUSJを「ファンタジー(嘘)」のカテゴリーに入れて、

京都や金沢を「現実(本当)」のカテゴリーに入れています。

はたして、これは合っているのでしょうか?

たとえば京都の「先斗町」。

朽ちた「木の壁」は改修工事に入りますが、再び「木の壁」が建てられます。

雨風に強い最新の素材は使われません。

もしも台風で柳の木が倒れたら、そこには、また柳の木が植えられます。

いずれも利便性を優先していません。

先斗町に暮らす人、先斗町に立ち寄る人、先斗町に参加する全ての人が「先斗町っぽいor先斗町っぽくない」という判断基準で町に持ち込むモノと持ち込まないモノを決め、「先斗町」という共同幻想を作り上げています。

それは、ディズニーランドのように「誰か一人がついた嘘にお客さんか参加する」という空間ではありません。

参加者全員で嘘をついていて、

恐ろしいことに、

参加者全員が「嘘をついている」という自覚がない。

それどころか、先斗町の成り立ちすら知らない。

なんとなく「昔からある町」ぐらいに捉えているが、もしかすると誰かの小説に出てきた町を再現した町かもしれない。

大阪城にいたっては、大坂夏の陣で焼失しています。

僕らが大阪城に行くときは、豊臣秀吉に想いを馳せるわけですが、あれは徳川幕府が建てた大阪城っぽい建物です。

史実なんて、カメラで撮っていたものでも、レコーダーで録音していたものでもなく、官軍の作家による『創作』です。

脚色されまくっている朝ドラみたいなノリです。

ところが僕らは「昔、本当にあったこと」として、その嘘の全てを信じています。

皆が「価値がある」と信じてしまったから、本当に価値を持ってしまった「お金」のよう。

個人的に興味があるのは、こっち側の(タチの悪い)嘘です。

僕が作りたいのは「テーマパーク」などではありません。

「全員の嘘が本当になってしまった町」です。

ここを徹底的に作り込みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 嘘の中に「本当」を織り交ぜる

━━━━━━━━━━━━━━━━

絵本『みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~』に出てくる天才万博(@東京キネマ倶楽部)や、映画『えんとつ町のプペル』に出てくるスナックCANDYは現実世界に存在します。

https://salon.jp/candy

ファンタジーの中に出てくる空間であることは間違いないのですが、現実世界に存在しいて、そこで経済活動がおこなわれています。

『えんとつ町』の中にあるスナックCANDYで呑んでいるお客さんに、「今、どっちの世界にいますか?」と質問したら、「現実世界」と答えるでしょう。

このお客さんの中で「現実」と「ファンタジー」を切り分けているものは『画面』です。

「動画や画像の中の世界=ファンタジー」と整理しているので、ここを整理できなくしちゃったら、現実とファンタジーの境界線が更に曖昧になって面白そうです。

そんなこんなで、ここからは『業務連絡』です。

▼ホームレス小谷君(CANDYオーナー)へ。

えんとつ町の世界を再現した『天才万博』と、えんとつ町の世界を再現した宿泊施設『頓堀宿泊施設』のイイ写真を数点選んで、額装し、店の中(トイレの壁)とかに飾ってください。

これで、「画像の中(画面の向こう)=ファンタジー」という整理が若干崩れると思います。

▼油絵を描かれているサロンメンバーさんへ。

「現実を証明してくれるモノは何があるかなぁ?」と考えたところ、油絵(風景画)に辿り着きました。

世間一般的なイメージとして、油絵(風景画)は「現実を切り取るもの」です。

パリの喫茶店の店内には、セーヌ川の油絵(風景画)が飾ってあります。

そこで油絵(風景画)を描かれているサロンメンバーさんに、お願いがあります。

えんとつ町の世界を再現した空間に飾る用の『えんとつ町の風景』を描いていただきたいのです。

こちらはキチンと仕事として発注したいので、御自身の作品の画像を添付して(作品がまとめて見れるリンクも添付してもらえると嬉しい)、コメント欄まで御一報ください。

「あー、素敵な絵を描かれるなぁー」と思った方に、コチラから御連絡させていただきます。

(※個人的に僕の家にも飾りたい)

……とまぁ、こんな感じで、現実とファンタジーの境界線をジワジワと消していきます。

いつかスナック『CANDY』の壁に「えんとつ町の風景画(油絵)」が飾られているのを見つけた時は今日の記事を思い出して、ニヤニヤしてください。

現場からは以上でーす。

【追伸】

サロン記事の感想を呟かれる際は、文章の最後に『salon.jp/nishino』を付けて《本垢》で呟いていただけると、西野がネコのようになつく場合があります。

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

西野亮廣エンタメ研究所

西野亮廣エンタメ研究所では、毎朝2000~3000文字の投稿が届きます。

手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを“現在進行形”で覗くことが出来ます。

経営者、ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA