天才の頭の中。『現実とファンタジーと時空を越える』 | 西野亮廣エンタメ研究所 過去記事 20200722

7月22日(水)

おはようございます。

「『横浜にディズニーランド級のテーマパーク建設の構想がある』というニュースを見ましたが、西野さんですか?」と訊かれたので、「わざわざ、そんな小さなモノは作りません(笑)」とお返ししたスケールの大きな男・キングコング西野です。

さて。

今日は、皆様の生活には、まったく役に立たない『現実とファンタジーと時空を越える』という話をしたいと思います。

僕が仕掛けるエンターテイメントの話です。

現実とファンタジーと、「ファンタジー空間内の時間」が行ったり来たりする話なので、頑張ってついてきてください。

#頑張ってとしか言えない

そして、今日の話は、まだ本決定前の話も含まれているので、感想を呟いていただけるのはありがたいのですが、固有名詞を呟くのは絶対に控えてください。

#まだ絶対にナイショだぞ

それでは、宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━

▼ 『天才万博』とは何か?

━━━━━━━━━━━━━

毎年、年末に『天才万博』という音楽フェスを開催しているのですが、これが、そもそもどういった経緯で誕生したのか?を、あらためて御説明します。

遡ること数年前……

とある音楽フェスを観に行った帰り道に、僕の後輩の「ホームレス小谷」が、「今日、最高でしたね。ああやって、ステージに立てる人生でありたかったですわ」と呟いたので、「今からアーティストとしてステージに立つのは難しいけど、主催者としてならステージに立てるよ。よし、お前は年末に音楽フェスをやる奴になろう。今すぐ会場を押さえよう」と言って、その場で会場を予約しました。

これにより、ホームレス小谷は『音楽フェスの主催者』に転職することになったのです。

呟きから、僅か5~6秒の出来事でした。

#人って簡単に変われるもんですね

僕としても、エンターテイメントを生業とする以上、「音楽」は無視できないものであったので、音楽フェスを仕掛けるからには確実にホームランを打ちに行きます。

というわけで、

「どう設計すれば、自分達が仕掛ける音楽フェスが回転し続けるのか?」

を考えてみました。

まず最初に決めたルールは、「アーティストの養分を吸いとるフェスになってはいけない」でした。

つまり、「すでにファンを抱えているアーティストを数組ブッキングして、そのファンの足し算で成立するフェスにはしない」と。

これは、会社を作る時も、Salon.jpを作る時も、まったく同じです。

https://salon.jp/candy

プラットフォームは『拡声器』であるべきで、「その人が持っている力以上のものが発揮できる場」でないといけません。

なので、「アーティストの集客力」「アーティストの知名度」は一切無視して、集客は自分達でおこなうことに決めました。

さて。

「出演者を知らない音楽フェス」「そもそも誰が出るか分からない音楽フェス」にお客さんを呼ぶとなると、それなりに工夫が必要です。

というわけで「空間」を徹底的に作り込んで、「あの空間に行ってみたい」という理由で、お客さんを呼ぶことにしました。

そうして辿り着いたのが、「えんとつ町で開催されている音楽フェス『天才万博』」です。

「規制が厳しい【えんとつ町】の娯楽施設を牛耳っているのは、そりゃ反社の人間だろ」という理由で、『天才万博』のスタッフは皆、マフィアの格好をしています。

『天才万博』には、そういった「ファンタジーの中では嘘をつかない」という“世界観の設計”がイチイチ存在して、そうして出来上がった空間が一番の集客装置になっています。

出演者をまともに発表していないのに、毎年、たくさんのお客さんにお越しいただいている背景には、こんな理由があったわけです。

『天才万博2020』

https://tensaiexpo.thebase.in/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 再びファンタジーの中に潜りこませる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『天才万博』を2年、3年…と繰り返していくうちに、「空間でお客さんを呼ぶ音楽フェス」として定着することを確信した西野は、次の手に出ます。

なんと『えんとつ町のプペル』の続編となる絵本『みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~』の中に、『天才万博』をブチ込んできやがったのです。

https://nishino.thebase.in/items/28763178

今年の年末に公開される映画『えんとつ町のプペル』で明らかになりますが、えんとつ町の煙突からモクモクと上がっていた煙は、ラストシーンで止められてしまいます。

『みにくいマルコ』の主人公のマルコは、煙の燃料を掘り起こしていた炭鉱夫の一人。

彼は職を失いますが、顔が「醜い」ので、誰も彼を雇ってくれません。

その時、彼を拾ってくれたのが【えんとつ町の見せ物小屋】。

その見せ物小屋の名前が『天才万博』です。

絵本『みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~』の制作スタッフが、実際に『天才万博@東京キネマ倶楽部』に赴き、その空間を完璧にコピーします。

こうすることで、絵本『みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~』が、年末に開催されている『天才万博』のチラシとして機能し、そして、『天才万博』に足を運んでくださったお客さんの「ファンタジーの没入感」が増します。

時々、「西野さんの(絵本作家の)ライバルは誰ですか?」と訊かれるのですが、そんなもん、いません。

僕が作っているのは『絵本』ではなく、『世界』です。

僕と競っている人なんて、いないんです。

…でもって、ここからが本題です。

#ここから先はマジでナイショです

━━━━━━━━

▼ 時空を越える

━━━━━━━━

現在、映画『えんとつ町のプペル』を死に物狂いで作っています。

映画のオープニングナンバーとして、モンスター達が躍り狂うハロウィンパレードがあるのですが……この躍りの振り付けを担当してくださっているのが、世間を賑わした「バブリーダンス」の産みの親であり、登美丘高校ダンス部を率いる「AKANEさん」です。

今回、映画『えんとつ町のプペル』のプロモーションとして、AKANEさんが振り付けてくださったオープニングナンバー(※歌い手は、まだ秘密)のMVを作るのですが、このMV監督を「蜷川実花さん」にお願いしています。

#このへんの話は全部ナイショだぞ

そんな中、AKANEさんから「こんな感じで作ってみましたー」とダンス動画が、送られてきます。

これが、もう、ベラボーにカッコ良くて(※ホントに腰を抜かした!)、そこであらためて思ったのが、「訓練の凄み」です。

一糸乱れぬチームダンス。

そこにテクノロジーなどは一切なく、ただただ才能しかありません。

下手なディレクターの思いつきの「カット割り」など要らないのです。

実際、「バブリーダンス」はAKANEさんが正面から撮ったオフィシャルのPVが一番良くて、テレビで放映される「バブリーダンス」は、余計なアップや、余計な角度からの映像が挟まり、見事に才能を殺しています。

そのことを蜷川実花さんに伝えたところ、「正面から見るように作られたものは、正面から撮るのが一番に決まってんじゃん。余計なカット割り、要らねーから」とバッサリ(笑)

そして、言葉が続きます。

「訓練された人間の技が一番面白いよ」

さすが、劇場のサラブレッド

「映画『えんとつ町のプペル』のオープニングナンバーのMVは劇場で(正面から)撮ろう」という話になり、「えんとつ町×劇場」で、『天才万博』の名前が浮上します。

その直後、実花さんが出してくださった提案が天才すぎたのです。

「えんとつ町で上演されているミュージカルのワンシーンを私が演出&撮影したことにすれば、全てがイイ感じに繋がるんじゃない?」

なるほど!!!

そうだ。そうだった。

「忠臣蔵」しかり、「のぼうの城」しかり……その町で起きた大事件は、後に、その町の芝居(ミュージカル)の演目になるんです。

つまり、2020年の「えんとつ町」には、『ゴミ人間のプペル』は存在していませんが、『ゴミ人間プペルを演じている役者』は存在しているハズなんです。

むしろ、存在していない方が不自然です。

ちょっと、ややこしい話ですが……

#頑張って

僕らが出入りする「えんとつ町」(※天才万博やCANDY)に登場する『ゴミ人間プペル』は、ミッキーマウスとは違って、「ファスナー」が見えていていいんです。

なぜなら、それは「役者」だから。

ファスナーが見えていた方が、現実空間に作り上げる「えんとつ町」というファンタジーのリアルさが増すんです。

#日本語がバグっていることは承知しています

というわけで、映画『えんとつ町のプペル』のプロモーションとして、東京キネマ倶楽部を舞台に、『この町では昔こういうことが起きていた』というミュージカル」を蜷川実花が演出&撮影するMVを撮ることになりました。

このMVは、映画のプロモーションにもなりますし、『天才万博』のプロモーションにもなります。

現実とファンタジーと時空の間をタライ回しにされて、頭の中がシッチャカメッチャカになったかもしれませんが、たぶん、整合性はとれているハズです。

でも、考えてみてください。

『忠臣蔵』は江戸時代元禄期に起きた赤穂事件を基にした作品ですが、あれって「創作」ですよ。

本当のトコロ、何があったかは分からないじゃないですか?

観光地のお城に行った時も、僕らは「ウラがとれていない物語(誰かの創作)」に想いを馳せている。

物理的に存在している建物ですら、「○○年に焼失して、現在の城は○○年に建て直されたもの」となっている。

そして、建て直された城を舞台に、時代劇が展開されている。

もう、「現実」と「ファンタジー」の境界線が曖昧になっているんです。

何がホントで、何がウソか、分からなくなっている。

「現実」と「ファンタジー」をパキッと切り分けるよりも、こっちの方がスケールが大きくて、面白い。

『天才万博』に足を踏み入れた瞬間に、自分が今、「現実とファンタジーのどっちにいるか?」が上手く説明できなくなる。

そんなものを作っています。

横浜に建設予定のディズニーランド級のテーマパークで収まりきるわけがありません。

現場からは以上でーす。

【追伸】

サロン記事の感想を呟かれる際は、文章の最後に『salon.jp/nishino』を付けて《本垢》で呟いていただけると、西野がネコのようになつく場合があります。

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

西野亮廣エンタメ研究所

西野亮廣エンタメ研究所では、毎朝2000~3000文字の投稿が届きます。

手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを“現在進行形”で覗くことが出来ます。

経営者、ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA