稼いでくれる建物?壁紙のチカラ | 西野亮廣エンタメ研究所 過去記事 20200720

7月20日(月)

おはようございます。

朝から『毎週キングコング』を二回続けて観てしまったキングコング西野です。

#梶原君のロレックス漫談が面白すぎた

#しかしゴッドタンでは力を出せない

さて。

今日は『壁紙に働かせる』というヘンテコリンなテーマでお話ししたいと思います。

川西(プペル美術館建設予定地)に作る宿泊施設の話です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 現代のアイデンティーはどこだ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━

国民全員がInstagramやYouTubeで画像や動画を発信するようになった今、僕らは発信者のアイデンティティーを、どこで推し量っているのでしょうか?

これは非常に重要なテーマだと思います。

ヒラリー・クリントンの演説の様子をおさえた有名な写真があるのですが……ヒラリー・クリントンが登壇した途端、聴衆が一斉にヒラリー・クリントンにお尻を向けて「自撮り」をしちゃっている一枚です。

聴衆は、ヒラリー・クリントンを撮って、Instagramにアップするわけではなくて、「ヒラリー・クリントンの演説を観に来ている自分」を撮って、Instagramにアップしたわけです。

面白いですね。

こうなってくると、ヒラリー・クリントンは「壁紙」です。

博学なDaiGoさんのYouTubeの壁紙は『本棚』で、イケてる男・ピース綾部君のInstagramの壁紙は『ニューヨーク』です。

自分が何を支持しているのか?

自分が何者であるのか?

そういった説明作業を僕らは壁紙に任せています。

画像・動画の時代は、壁紙が、その人の個性なんです。

当然、「壁紙選び」をないがしろにすると、発信者の個性は見えなくなりますし、

以前もお話ししましたが、これからの時代は、草間彌生にせよ、蜷川実花にせよ、チームラボにせよ、「選ばれる壁紙」を持っている者が圧倒的に強くなる。

そういった考えで、『えんとつ町』というものを作りました。

━━━━━━━━━━━━━

▼ 川西に宿泊施設を作る

━━━━━━━━━━━━━

『えんとつ町』は、日本の家屋をベースにデザインしました。

絵本や映画の中に存在する町ではなく、最終的には、リアル空間に存在させようと思っていたので、日本家屋に「提灯」や「煙突」など“少しアレンジを加えれば”「えんとつ町風」になるようにしたわけですね。

僕が次に狙ったのは『森』です。

日本各地に存在する「森」に少しアレンジを加えれば、「西野作品に出てくる森」になるように、『チックタック ~約束の時計台~』や『ほんやのポンチョ』など、日本の森をベースに世界観を設計しました。

少し先の話になりますが、兵庫県川西市に『えんとつ町のプペル美術館』を建設しようとしています。

白壁に作品が展示されているような美術館ではなくて、キチンと「壁紙」になるように、実際の「えんとつ町」をそこに作ります。

#僕の自宅もこの中に作ります

ベネチアや京都のように、そこにある生活のイチイチが作品になっているような、そんな美術館です。

ところで、遠方から足を運んでもらう為には「宿泊施設」が必要不可欠です。

最終的にはホテルを作らないといけないと思っているのですが、まずは、その取っ掛かりとして「ペンション」を作ることにしました。

ペンションの候補地として選んだのは、『えんとつ町のプペル美術館』から車で7~8分(新大阪から20分!)のところにある『森』です。

この森の中に、『チックタック ~約束の時計台~』や『ほんやのポンチョ』に出てくるような建物を建てます。

昨日、その下見に行ってまいりました。

地盤調査はこれからなので、最終決定は、まだ先ですが、可能であれば、森の中にある池のほとりにペンションを作ろうかと。

ここを「ペンション」として打ち出さずに、「西野のアトリエ」として打ち出して、「西野のアトリエに泊まれる」という建て付けにする。

そして、最初から(お客さんの)導線を設計し、少し手を加えた「池を囲んだ木々」が一枚の作品(チックタックの森)になるようにして、夏休み期間中などは『個展会場』として開放する。

そうすれば、建物が収益を生んでくれるので、建築費が回収できます。

「建物」は値段が高いのですが、「稼いでくれる建物」は安いんです。

「壁紙(個性をもった背景)」を持っていれば、この調子で、エンタメビジネスを展開していけるので、結構強いです。

勿論、

この池のほとりにアトリエを建てることが決まれば、数年後に出版される絵本『チックタック』の続編に、「池のほとりのアトリエ」を出します

こんな感じで、ファンタジーと現実の境界線を曖昧にして、行き来できるようにします。

現場からは以上でーす。

【追伸】

サロン記事の感想を呟かれる際は、文章の最後に『salon.jp/nishino』を付けて《本垢》で呟いていただけると、西野がネコのようになつく場合があります。

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

西野亮廣エンタメ研究所

西野亮廣エンタメ研究所では、毎朝2000~3000文字の投稿が届きます。

手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを“現在進行形”で覗くことが出来ます。

経営者、ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA