ウ〇コとゴミと爪と髪の共通点。売り上げが止まらない仕組み | 西野亮廣エンタメ研究所 過去記事 20200709

7月9日(木)

おはようございます。

まだ一個も作っていないのに、「美術館、もう一個作りたいんだけど…」とスタッフに提案してみたキングコング西野です。

#反応はすこぶる悪かった

九州豪雨の復旧作業が続いております。

市役所に支援物資はたくさん届いているそうなのですが、(まだ上手く仕分けができていないのか)場所によっては物資が行き届いていないところがあるそうです。

現地入りしているスタッフとコンタクトをとり、丁寧&超特急で対応していきます。

支援金関連の御報告としては…

復旧作業が長引き、ボランティアスタッフの宿代が膨れあがりそうなので、その時は、オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』の売り上げから支援すればいいと思っています。

「どうして、そこまで人を助けるのですか?」と訊かれ、「女の子にモテたいからですよ」と答えたところ、「またまたぁ~」と言われたのですが、半分マジなので、そこんとこ宜しくお願いします。

#西野の性欲を侮るな

さて。

コロナ対策や水害復旧支援を言い訳にするのが一番ダサイので、作品制作でもブッちぎりで結果を出します。

そんな中、今日は『売り上げが止まらない仕組みを作るゾ』というテーマでお話したいと思います。

━━━━━━━━━━━

▼ 背景(壁紙)ビジネス

━━━━━━━━━━━

Instagramに写真をアップする時の被写体は「自分」です。

自分をイイ感じに見せたいので、そりゃ写真加工アプリの需要があるわけです。

SNSによって人々は「主役が見れる場所」から「主役になれる場所」を求めるようになりました。

この時代の勝者は、「強い主役」ではなく、「強い背景(壁紙)」であることは間違いなさそうです。

#チームラボなんてまさに

この時、「日常空間に再現できる背景」であることが重要です。

『天空の城ラピュタ』は魅力的な背景なのですが(大好き!)、実際に背景利用するとなるとVRが限界なんですね。

#城を飛ばすのはなかなか難しい

『IP』は、これまでは物語に登場する【キャラクター】を指した言葉でしたが、現代は『キャラクターIP』と『背景IP』があります。

そして「日常空間に再現できない背景」だと、背景IPビジネスが機能しないんです。

僕が絵本を作る時は初期設定の段階から、二次展開、三次展開を見越すのですが、当然、「日常空間に再現できる背景」を強く意識しています。

そうして作られたのが『えんとつ町』です。

現在『えんとつ町』が、スナックや会議室や宿泊施設に展開している理由は、絵本を作る段階で『背景IP力』を強めに設定していたからなのであーる。

#突然のキモいノリ

━━━━━━━━━━━

▼ 西野が次に狙うのは…

━━━━━━━━━━━

数日前の投稿で「生理現象を原資にする」という話を書かせていただきました。

「人間が生きていくかぎり必ず発生する需要を押さえ、その売り上げの数%を、絵本の寄付にまわす」というものです。

『定番』となった絵本はギフトとして機能します。人間が生きていくかぎり子供は生まれ続けるので、絵本がギフトとして届き続けます。

6行程度にサクッとまとめていますが、ここには様々な技が合わさっていて、「絵本を『買ってもらうもの』としているからアッパーが決まってくるわけで、『自分達で買って贈るもの』にしてしまって、その予算を生理現象から捻出すれば、無限ループじゃん」みたいなことを言っています。

そんなこんなで、西野が狙っているのが以下の3つ。

・ウンコ

・ゴミ

・髪と爪

これらは人間が生きていく限り必ず発生するエネルギーです。

上の2つはすでに押さえにかかっていて…

ウンコに関しては、売り上げの3%が絵本の寄付にまわさらる『プペルトイレットペーパー』を開発中。

ゴミに関しては、現在、ニウエという国でゴミ処理場を作ってるところです。

残すは…「髪と爪」です。

「皆の髪の毛と爪が伸びれば伸びるほど『えんとつ町のプペル』が売れる(贈れる)仕組みが作れたらいいなぁ」と思っていた矢先、表参道の美容室『NORA』の代表の広江さん(サロンメンバー)から、「ウチの店に、まったく使っていないスペースがあるので、ここを改装して『えんとつ町の美容室』にして、ここの売り上げの数%を絵本の寄付にまわしませんか?」という御提案をいただきました。

やるにきまってんじゃん!神かよ!

https://nora0427.base.shop/

もともと僕が通っている美容室(自信をもってオススメできる美容室)なので、何の躊躇いもなく集客のお手伝いをすることができます。

『株』を持っているような感じで、NORAさんを宣伝すればするほど(NORAさんに足を運ぶ人が増えれば増えるほど)、絵本『えんとつ町のプペル』が子供たちに届きます。

というわけで、育毛剤を頭に振りかけて、髪が伸びるペースを上げておいてください。

『えんとつ町の美容室』の工事は、すぐに取り掛かります。

工事の状況は、逐一、こちらで御報告しますね。

今日は『売り上げが止まらない仕組み作り』というテーマでお話しさせていただきました。

現場からは以上でーす。

【追伸】

サロン記事の感想を呟かれる際は、文章の最後に『salon.jp/nishino』を付けて《本垢》で呟いていただけると、西野がネコのようになつく場合があります。

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

西野亮廣エンタメ研究所

西野亮廣エンタメ研究所では、毎朝2000~3000文字の投稿が届きます。

手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを“現在進行形”で覗くことが出来ます。

経営者、ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA