集まったお金を今度は〇〇に使わせていただきます | 西野亮廣エンタメ研究所 過去記事 20200630

6月30日(火)

「あらゆる議論はアパホテルの女社長の生き様を前に無力化する」と思っているキングコング西野です。

さて。

昨日は「ニシノコンサルを復活させて、サロンメンバーの店のコンサル&宣伝しつつ、その収益を全額寄付する」という記事を書かせていただきました。

記事を投稿した直後から方々に連絡をし、話をまとめ、夜にはニシノコンサルの参加権を2枠だけ出して3秒で完売。

来週から『ニシノコンサル』の収録が始まります。

机上論反対。結果賛成。

もろもろソッコーで勝負を決めます。

やっぱり、物事が実際に動いている話の方が面白いので、今日は「集まったお金を今度は〇〇に使わせていただきます」という話をさせていただきたいと思います。

※今日はお仕事の話(新たな気づき)を一旦お休みして、活動報告です。

お付き合いください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ そもそも西野は何をしたいヤツなの?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここで、あらためて「そもそもキングコング西野亮廣は何をしたいヤツなのか?」についてハッキリご説明しておきたいと思います。

一言で言うと僕は「誰も見たことがない面白いコトことを見たいヤツ」です。

このコンセプトは子供の頃から見事に変わりません。

このサロンには僕の幼馴染や高校の同級生がいて(※サロンの入退会の手続きをやってくれているのは、高校のクラスメイト)、彼らに話を聞いていただけると、よく分かります。

西野は、根本の部分(性格もろもろ)が子供の頃からまるで変わっておらんのです。

不良でオラオラしていた時代などなく、昔から「皆で楽しいことをしよう!おー!」というシンプルに明るいだけのハンサムでした。

とにかく誰も見たことがないモノに強い興味を抱いていて…なので、昔からテレビに出てくる「お金持ち」が豪邸を自慢している姿に疑問しかありませんでした。

「なんで、たくさん働いて、たくさん稼いだお金を使って、誰でも思いつく生活をおくるんだろう?」と。

これは今もそうで、だからアパホテルの女社長ぐらいまでブッ飛んでくれる人が好きなのかもしれません。

僕には作りたい作品がたくさんあって、その為には「予算」が必要なので、お金の問題とは真面目に向き合います。

しかし、その一方で、資産を一人占めするつもりなど1ミリもありません。

今、僕は日本のタレントだとトップクラスに稼いでいるのかもしれませんが、月に10万円ほどあれば食っていけるので(足りなくなったら奢ってもらう!誰かハイボール奢って!)、あとは全て面白いコト(もしくは社会問題の解決)に使います。

「稼いだお金を全て面白いコトに還元する」と決めたら、どういうムーブメントが生まれるのか?を見てみたくて、また、「稼いだお金を全て面白いコトに還元する」と決めたヤツがどういう末路を迎えるのかを確認したくて、今日もせっせと頑張っています。

そして、もう一点。

僕は「誰も見たことがない面白いコトことを見たいヤツ」であって、その「面白い」を実現さるのは必ずしも自分じゃなくていいです。

世界が面白い方向に転がってくれればそれでよくて、僕以外の誰かがそれを実現してくれるのであれば、僕は喜んでサポートさせていただきます。

(※フラットに見て「ここは僕がやった方がいいな」と思うことは、結構強引に手を挙げます)

とにかく、面白いコトを見たいんです。

そういう意味でも資産(手柄)を一人占めするつもりなどなく……今、社員の子達がやっているミュージカルやVRなども、「どうぞどうぞ」というダチョウ倶楽部状態です。

スナックCANDYにしても、『天才万博』にしても、立ち上げの時に中心にいたハズなのですが…今ではすっかりチケットを買って参加する一般客になっています(笑)

もしかすると、干されたのかもしれません。

世界が面白くなること(チームとして勝つこと)が最優先事項で、僕の得点数はそれほど重要ではありません。

このことを踏まえて、今回の御報告です。

━━━━━━━━━━

▼ 面白い未来を買う

━━━━━━━━━━

オンラインサロンの収益は全て面白いコトに使うことに決めています。

オンラインサロンの収益から…

サロンメンバーの小野さんが仕掛けているオフブロードウェイミュージカル『Poupelle of ChimneyTown』の支援をさせていただいていて、

サロンメンバーさんが運営している『プペルバス』を支援させていただいていて、

ホリエモンのロケットに支援させていただきました。

僕個人的には、漫画サービスの『アル』や、(明日発表させていただきますが)「サロンメンバーさんが運営しているWebサービス」に出資させていただいております。

あとは、ラオスに小学校を建てて、プレゼントさせていただきました。

これらの見返りは、とくに要りません。

ぶっちゃけた話……稼いだお金を何に使おうが僕の勝手なのですが、(昨日もお話しさせていただいたとおり)「こういうことに使います」と収益の使い道を宣言した方が【応援してもらえる理由】も増えそうなので、まとまったお金を使う時は、サロンメンバーの皆様にお伝えすることに決めています。

そんなこんなで(※これは絶対にナイショですよ)今度はオンラインサロンの売り上げを使って……

〇〇(※非公開)監督の新作映画に出資させていただくことに決めました。

これはホリエモンの時もそうですが、まさか「友達のよしみ」などではなく、「僕が作れない面白いエンタメを作ってくれるから」というシンプルな理由です。

一昨日、撮影現場にお邪魔したのですが、やっぱりその想いに間違いはなくて、そこには、本当にデタラメで最高すぎるエンターテイメントが広がっていました。

いや、ホントに最高だった。

情報解禁前なので、映画のタイトルなどはまだ言えません。

僕が出資させてもらったことも、くれぐれもナイショにしておいてください。

絶対に表に漏れちゃダメな話なのですが(※サロン内で共有する承諾はとれています)、ただ、こんな感じで「オンラインサロンの売り上げの行方」を明らかにすると、それが付加価値となり、毎日の文章(メルマガ)に味わいが出ると思うので、ここでコッソリと共有させていただきました。

「オンラインサロンの記事を読むことが、〇〇(※非公開)作品がの応援になる」とか最高じゃん

『エンタメ研究所』の名に恥じぬよう、世の中のエンタメの総量を増やしていきたいと思います。

いつも応援してくださってありがとうございます。

今日はオンラインサロンの売り上げの使い道についての御報告でした。

現場からは以上でーす。

【追伸】

サロン記事の感想を呟かれる際は、文章の最後に『salon.jp/nishino』を付けて《本垢》で呟いていただけると、西野がネコのようになつく場合があります。

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

西野亮廣エンタメ研究所

西野亮廣エンタメ研究所では、毎朝2000~3000文字の投稿が届きます。

手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを“現在進行形”で覗くことが出来ます。

経営者、ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA