『移動遊園地の話。とことんエンタメを仕掛ける!』 #西野亮廣エンタメ研究所 #過去記事 20200625

6月25日(木)

おはようございます。

「どうして西野さんは芸能ニュース(主に不倫のニュース)にコメントしないのですか?」と訊かれたので、「キミも一度『西野』をやってみるといい。他人の色恋に割く時間なんて人生のうちに1秒も無いから」と、ほぼYAZAWAみたいなことを言ってしまったキングコング西野です。

さて。

今日は『昨日、こんなことを企画したから、形になるかなり前の段階で皆さんに共有しておきますね』という話をしたいと思います。

つまり、次に仕掛けるプロジェクトのお話です。

…皆さんが言いたいことは分かっています。

「『次』が何個あるんだよ!」ですよね?

口先だけの男だと思われるのもツライので、今日の本題に入る前に、ここ最近の記事に書いた『次のプロジェクト』についての進捗状況を先にお伝えします。

(※ここ最近の記事を、まだ読まれていない方は先にそっちを読んでくださーい)

━━━━━━━━━━━━

▼ あれやこれやの進捗状況

━━━━━━━━━━━━

【ペンション建設】

まずは、昨日お話しした『川西のペンション(ログハウス)』について。

すでに土地のオーナーさん(サロンメンバーの野原さん)とやりとりをさせていただいていて、来月19日に現地の下見に行かせていただくことが決まりました。

「森の中にペンションを作る!」と言っても、『森』は広いので、「森のどこに作るか?」を探らねばなりません。

ただ、どこになろうとも、ゴルフの打ちっぱなし場や、バッティングセンターや、フットサルコートといったスポーツ施設や、温泉施設から徒歩5分の場所なので、家族で泊まれるペンション(ログハウス)になると思います。

僕は執筆作業の時に集中的に利用します。

ワリカンすればするほど安くなるようにしたいので、「一棟貸し(何人で泊まっても一泊1万円)」とかにしたいと思っています。

利益を出すことが目的ではなく、川西に人の流れを作ることが目的なので、値段に関しては、おいおい決めていきます。

とりあえず19日に現地下見。

せっかく関西に行くので、ついでに、17日に岡山で、18日に大阪で、19日に川西で、それぞれ呑み会を開催しようと思います。

クラウドファンディングのリターンで出しますので、注意して見ていてください。

(※大阪は、前回延期になった分です)

https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/1699

プペル人形劇場

組立式のセットで国内外を回る『プペル人形劇場』の脚本は、昨日、初稿を書き上げました。

すでにスタッフさんにはお配りしていて、明後日、第一回会議があります。

今、ボンヤリ思っているのは、「セットの組立て方法」や、「プロジェクションマッピングのセッティング方法」や、「人形の操り方」などを一本の動画にまとめて、YouTubeにアップしてやろうかと。

『プペル人形劇団』をプレイする人は、その動画を見て、死ぬ気で練習すれば、プレイできるようにする。

『人形劇団』の貸し出しは法人だけでなく、個人でも受け付けようと思っていて、パパとママが子供の誕生日の為に必死で準備して、本気の人形劇をやったら一生の思い出になっていいなぁと思っております。

この辺りの細かい運用方法に関しては、おいおい詰めていきます。

サロンメンバーさんのサービスに出資

僕が個人でサロンメンバーさんのサービスに出資して、そのサービスを積極的に宣伝したらなかなか面白い展開になりそうなので、先日、その旨をサロンに投稿したところ、たくさんの方から出資の受け入れのお話をいただきました。

(※店だけじゃなく、Webサービスも)

ただ、

宣伝が絡むことなので、僕が利用していないサービスや、この先、利用することもなさそうなサービスの集客のお手伝いをすることはできなくて(※宣伝の責任がとれないので)、とりいそぎ、今現在、利用させてもらっているサービスに出資させていただくことに決めました。

今後も、あらたに通いつめる店や、「おお!これは、社会的に意義のあるサービスじゃん!」と思うサービスがあれば、積極的に出資させていただきますので、「ウチ、こんなサービスやってまーす」というのがあれば、また聞かせてください

以上が、ここ最近の記事に書いた『次のプロジェクト』の進捗状況です。

一言で言うと「ちゃんと進んでるよ」です。

というわけで、今日の本題に入ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ とことんエンターテイメントをやる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

よく『ニシノーランドを作るのですか?』と訊かれるのですが、テーマパーク作りには、今のところ興味がありません。

厳密に言うと「現実」と「ファンタジー」を切り分けることに興味がなく(※それはウォルトがやったから)、僕がやりたいのは「現実とファンタジーの境界線を曖昧にする」です。

だから「町」にこだわっているのですが、自分が作った世界の中に「生活」があって欲しいんです。

『ディズニーランド』や『USJ』や『レゴランド』ではなく、『京都』や『ベネチア』を作りたいヤツなんです。

僕は「見せる為に作られていないモノ(機能美)」や、個人の力では生み出すことができない「過ぎた時間」に魅せられているので、そこに”“あやかる”形で、自分を表現していきたいと思っています。

たとえば、『遊園地』を作るにしても、埋め立てにドーン!と作るのではなくて、生活のど真ん中にやってくる『移動遊園地』を作りたいと思っています。

そんなこんなで、次に仕掛けようと思っているプロジェクトは『移動遊園地』ですww

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

移動遊園地『CHIMNEY TOWN』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一応、西野のスケジュール的には、西野が生きている間に「戦争」と「貧困」を終わらせることになっています。

そんなこんなで、ちょこちょこフィリピンのスラム街(トンド地区)に足を運んでいるのですが、向こうでは、貧困の連鎖がまだまだ続いています。

シンプルに「雇用」がないんですね。

(※ラオスの村も同じく)

雇用を創出しない限り、貧困を終わらせることはできません。

というわけで、あらたに『移動遊園地』の運営会社を作って、スラム街に『移動遊園地』を持っていって、現地の方に働いてもらおうかと。

絶望的なのはマネタイズです(笑)

まさかスラム街の子供達からお金をとるわけにはいかないので、今、ボンヤリと考えているのは『移動遊園地』をギフトにして、「広告費で回す遊園地」にしようかと。

…たぶん、最初は、そんなに簡単にはいかないと思うので、オンラインサロンの売り上げもスラム街の遊園地運営に充てると思います。

ゴミ山(スモーキーマウンテン)の麓のスラム街にやってくる移動遊園地の名前は『CHIMNEY TOWN』。

いつか、ブロードウェイのミュージカルをココ(スラム街公演)に持って来れたら、デタラメで最高だな。

スラム街の子達にエンターテイメントを見せてあげたいっす。

https://youtu.be/9lSZHaVyvos

とりあえず、稼いだお金が全部フッ飛ぶので、西野を見かけたら積極的にハイボールを奢ってください。

メチャクソ頑張ります。

現場からは以上でーす。

【追伸】

サロン記事の感想を呟かれる際は、文章の最後に『salon.jp/nishino』を付けて《本垢》で呟いていただけると、西野がネコのようになつく場合があります。

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA