『革命は構造から理解する必要がある~昨日の記事 印税の分配を解説~』 #西野亮廣エンタメ研究所 #過去記事 20200605

6月5日(金)

おはようございます。

過去に「東京は都会だから坂が少ないと思っていたら大間違いだぞ!」と怒鳴ったことがあるキングコング西野です。

#どんなシチュエーション

さて。

今日は『【サロンメンバーに印税を分配する】を構造から理解しよう』という話をしたいと思います。

お察しの通り、昨日の記事の続きです。

(※まだ昨日の記事を読まれていない方は、先にそっちを読んでくださーい)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 「革命」は構造から理解する必要がある ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

たとえば、「どうやらオンラインサロンが稼げるらしいぞ!」とTVタレントさんがオンラインサロンを始めても、だいたい失敗すると思います。

「認知」と「人気」は別物ですし、「影響力」と「統率力」は別競技です。

くわえて、サロンにコンテンツ(新ネタ)を投下し続けようと思ったら、当然、そのスピードでインプットし続けなければならないので、レギュラー番組(ルーティン仕事)でスケジュールを埋めてしまっては、インプットが追いつきません。

先日(3~4日前の記事)のNORA美容室さんの『前売券&ギフト券』同様、『オンラインサロン』もまた【道具】の一つで、その【道具】を扱うには、それに応じた知識と筋力と環境が必要です。

「バットを持ったからといってホームランが打てるわけではないよ」という話です。

上部(点)だけを真似ても仕方がなくて、構造(線)から理解する必要があります。

「本の印税をサロンメンバーに分配する」も、真似をするだけなら誰でもできますが、結果に結びつけるには、構造から理解する必要が有ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ そもそも、なんで『印税』を分配できるの?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

作家は本を書いて、売って、その印税で飯を食う生き物なので、『印税』を手放してしまうと食いっぱぐれてしまいます。

そんな中、西野は何故『印税』をサロンメンバーに分配できるのか?

ここから(あらためて)説明させていただきます。

西野の活動は多岐に渡り、その活動の全ては『シナジーマップ』と呼ばれる地図上で結ばれております。

これは、「それぞれのプロジェクトが、他のプロジェクトにどのような影響をもたらしているのか?」を可視化した地図で、プロジェクト間の「世界観」や「宣伝」や「お金」の流れを描いたものです。

シナジーマップを描くと各プロジェクトの【役割】が明確になるので、結構オススメです。

(※こちら↓)

https://youtu.be/6hB46eHua00

ちなみに、このシナジーマップ上で、僕の『絵本』は、「お金を回収する役割」ではなく、「その他のプロジェクトの宣伝をする役割」を担っています。

『映画』や『VR』や『ミュージカル』や『美術館』や『スナック』や『レンタル会議室』に、世界観を提供し、宣伝するのが、僕の絵本の役割です。

言うなれば「チラシ」ですね。

チラシは「売った」ところで仕方がありません。

チラシは「配られる」ことに意味があります。

配られれば配られるほどイイので、チラシを配ってくれる方にギャランティーをお支払いする「チラシ配り」という仕事が存在します。

これが今回の『印税を分配する』です。

「チラシ配り」に置き換えて考えると、御理解いただけると思います。

ここで押さえておくポイントは、「西野の絵本は絵本単体でマネタイズするものではない」という点ですね。

そして、今日の話は、ここからです。

━━━━━━━━━━━━

▼ 面白いのはどっちだ?

━━━━━━━━━━━━

ぶっちゃけた話をすると、「僕」もしくは、「ウチのスタッフ」が各国の出版社に片っ端からあたっていくことは可能なんですね。

それをしたら『印税』は全て「株式会社NISHINO」に入る。

その方が利益も出そうですし、なにより、トラブルも少なそうです。

ただ、ここで考えるのは、「【社員にお願いして印税を独り占めする】と【サロンメンバーにお願いして印税を分配する】では、どっちの方が面白いか?」です。

当然、後者の方が「面白い」ですよね。

だって、「お客さんと印税を分配する」なんて聞いたことないもん(笑)

ここで気になるのは、「何故、『利益』ではなくて、『面白い』で判断するか?」というところだと思うのですが、結論を申し上げますと「『利益』よりも『面白い』を優先した方が利益が出るから」です。

サロンメンバーさんに印税を分配して、各国の交渉をお願いすると、その先々で『物語(※時にトラブル)』が生まれます。

その物語は、まだ人類が経験したことのない(誰も知らない)物語で、僕はその物語をサロンに紡ぎます。

そして、その物語は一回では終わらず、連載されることでしょう。

オンラインサロンがこの人数になってくると、絵本の印税を受けとることよりも、サロンの記事の厚み(面白さ)を上げて、サロンの退会率を下げた方が利益が大きいです。

天秤にかかっているのは、『印税』と『退会率が下げることによって発生する収益』というわけですね。

当然、経営者ならば、この天秤を想像できなくちゃいけないし、迷わず後者を選ばなくちゃいけません。

『「点」ではなく「線」で見ないといけない』というのは、こういうことですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 今、オンラインサロンが起こしているパラダイムシフト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のような手が打てたのは、「サロンがこの規模になったから」というのは一つあると思います。

今、けんすうサンが会社ぐるみで『アル開発室』というサロンをやられていますが、月額980円で会員数はまもなく2000人です。

『アル開発室』

https://salon.jp/alu

この規模になってくると、「ここは『利益』を捨てて『物語(面白さ)』をとった方が利益が出るじゃね?」という判断を迫られる場面が結構やってくると思います。

ほとんどのプレイヤーは『利益』を取らないと生きていけないので、正面から「ウチ、利益は要らないんです」という変態が走ってきたら、ギャー!となります(#急に説明が雑っ #頑張れ読者)

どうやら、「物語でマネタイズする仕組みができているチーム」は強くて、僕が今あらたに会社を立ち上げるのなら、ズボラな株主に出資してもらって、メチャクチャ優秀な作家を雇います。

文章の上手さだけではなくて、「ここは主人公(会社)を落とした方が物語の厚みが出る」という判断ができる人です。

先日のNORAさんしかり、「会社」を読み物にする感覚が求められているのだなぁと思っとります。

昨日、サロンメンバーさんが自主的に『海外エージェント』のグループを組んでくださいました。

大きくなったグループって、(影響力に目が眩んで)大体もめるのですが、ここはチョットお任せしてみようと思います。

その方が面白いからです。

現場からは以上でーす。

【追伸①】

サロン記事の感想を呟かれる際は、文章の最後に『salon.jp/nishino』を付けて《本垢》で呟いていただけると、西野がネコのようになつく場合があります。

【追伸②】

現時点で出版が決まっている国はコチラ↓

・韓国

・中国

・台湾

・コロンビア

・ルーマニア

・フランス

・アルメニア

・トルコ

【追伸③】

人数が人数だけに、昨日、お伝えした『お問い合わせフォーム』に届いた全ての質問にはお答えできなかったりします。

(※全ての質問に目は通させてもらっています)

御理解いただけると助かりまーす。好きよ。

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

毎朝2,000~3,000文字の投稿が届きます!

西野亮廣エンタメ研究所

リアルタイムで西野亮廣さんが手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを覗くことが出来ます。

経営者、ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA