『映画えんとつ町のプペルの興行目標。具体的な金額も公開!』 #西野亮廣エンタメ研究所 #過去記事 20200522

5月22日(金)

おはようございます。

新入社員&インターン生がおこなうオンライン講演会のチケットが、それぞれ500枚~1000枚近く売れていることを知り、「それぐらい当たり前だろ」的な顔をしていますが、膝がブルブル震えているキングコング西野です。

━━━━

『キンコン西野に勉強を教える会』

■6月1日20時〜せとちゃん

https://setochan.thebase.in/items/29546684

■6月2日20時〜まーちゃん

https://maachanomise.thebase.in/items/29548692

■6月3日20時〜べぇ君

https://beyamafitne.thebase.in/items/29547483

━━━━

さて。

昨日は、「これからの会社のあり方」という随分マッチョなビジネス記事を投稿してしまったので、今日は少し趣向を変えて、「映画『えんとつ町のプペル』に向けての決意表明めいたもの」を皆様と共有したいと思います。

「これぐらいの覚悟でやるよ」という話です。

(※込み入った『お金』の話が絡んでくるので、ここから先の「内容」は絶対にナイショです。「感想」を呟くのはOK!)

━━━━━━━━━━

▼ 一世一代の大勝負

━━━━━━━━━━

すでに御存知かとは思いますが、2020年12月に映画『えんとつ町のプペル』が公開されます。

『えんとつ町のプペル』というプロジェクトをスタートして8年。

「集大成」と呼ぶに相応しい大勝負です。

この日の為に、これまでに、血や涙や汗といった汁状のモノは全て流してきました。

そんな矢先、『新型コロナウイルス』が僕らの挑戦を襲います。

幸いなことにアニメーション作品なので、「撮影ストップ」ということにはならず、作品のクオリティーには何の影響もないのですが、問題は『集客』です。

これまで練り上げた広告戦略を一旦白紙にして、『コロナシフト』に切り替えます。

「コロナを逆手にとってやろう!」という広告(集客)ですね。

そのうちの一つが、『キンコン西野が映画のストーリーを自宅寝室からオンライン配信で全て喋る会』です。

(※こちら→https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/1547)

すでに700名近いお客様にご参加いただけることこが決まっていて(そこで映画の宣伝をしつつ)、このイベントの収益は全額寄付。

収益で映画プペルの前売券を購入し、全国の子供達にプレゼントします。

その前日におこなう『西野亮廣オンライン講演会 ~学校では教えてくれない大切な「お金」の話~』(現時点の参加者=5700名)の収益も、同様に全額寄付。

映画プペルの集客に繋げます。

とりあえず、映画『えんとつ町のプペル』の前売券チケットは僕一人で「10万枚」売ることは決めています。

死ぬ気でやります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 映画『えんとつ町のプペル』のお金の話

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

多くの映画は、たくさんのスポンサーさんが制作費を出し合って作られます。

制作費を出したスポンサーさんには、出した額に応じた(映画の)売上が分配されるわけですが、当然、制作費が膨らめば膨らむほど、お金の回収が困難になります。

ちなみに、映画『えんとつ町のプペル』は、結構な制作費をブチ込んでいて…

━━━━

●●(非公開)万人動員(Poor)

→回収率=死んだ%(死んだ!)

●●(非公開)万人動員(Normal)

→回収率=54%(大損)

●●(非公開)万人動員(プチSuccess)

→回収率=96%(ちょっと損)

━━━━

といったハードルになっております。

(※こういう数字を皆で共有するの面白いでしょ?)

『観客動員数●●(非公開)万人』がギリギリ合格ラインで、『観客動員数●●(非公開)万人』は大失敗です。

動員数●●(非公開)万人だと、今後、キンコン西野は二度と映画を作れません(※ここで僕の挑戦は終わります)。

なかなか刺激的な勝負ですが、ここに輪をかけて、『新型コロナウイルス』が襲いかかります。

ぶっちゃけ12月の状況がどうなっているかは分かりませんが、まもなく運営を再開する劇場の多くは、当面の間は「一席おきにチケットを販売する」という形がとられそうです。

つまり、「劇場が『満席』でも、観客数はこれまでの半分」という展開になるので…映画業界は今、結構ピンチなんです。

これから作られる多くの映画はリスクを避ける為に、(制作費が回収できるように)制作費を削る方向で話を進めるでしょう。

制作費を出資してくれるスポンサー集めも困難を極めると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ じゃあ、映画『えんとつ町のプペル』も制作費を削るの?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こうなってくると、「じゃあ、映画『えんとつ町のプペル』も制作費を削るの?」という話になってくると思うのですが、皆さんのお察しのとおり、するわけねぇです(キッパリ!)。

「100年に一度のウイルスが直撃して、集客に苦戦することが1000%分かっている状況で、制作費をかける」という、こんな危ない橋、誰も渡らないんだから、ドラマしかありません。

こちとらストーリー(生き様)を売っている人間なので、このタイミングで突っ込んでいかなくて、どこで突っ込むんだ?という話です。

自棄にはなりませんよ。

徹底的に準備して、確実にシュートを決めます。

そんなこんなで(絶対にナイショですが)、「西野亮廣エンタメ研究所(株式会社NISHINO)から、映画『えんとつ町のプペル』に●●(非公開)万円を出資したいんだけど、なんとかしてください」とスタッフさんにお願いしてみました。

必ず回収してやります。

手伝ってね(^-^)

現場からは以上でーす。

【追伸】

サロン記事の感想を呟かれる際は、文章の最後に『salon.jp/nishino』を付けて《本垢》で呟いていただけると、西野がネコのようになつく場合があります。

 

※非公開の数字を知りたい方は・・・

オンラインサロンに入会して確認してください!

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

毎朝2,000~3,000文字の投稿が届きます!

西野亮廣エンタメ研究所

リアルタイムで西野亮廣さんが手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを覗くことが出来ます。

経営者、ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA