『映画えんとつ町のプペルのマーケティング講座2&コロナの現状と格差について』 #西野亮廣エンタメ研究所 #過去記事 20200517

5月17日(日)

おはようございます。

2020年上半期の「語感の良さランキング」の1位を『キャバクラ手越』に決定したキングコング西野です。

さて。

今日はコロナの影響を整理しつつ、最後は「映画『えんとつ町のプペル』の宣言でこんなこのを考えてるよー」という話をしたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 緊急事態宣言、39県で解除…

━━━━━━━━━━━━━━━

5月31日までを期限に発令されていた「緊急事態宣言」ですが、新規感染者が減ってきた県を中心に宣言が解除されました。

ニュースで伝え聞く「感染者数」も日に日に減ってきていて、ようやく日常が戻ってきそうな気配が漂っています。

ただ、コロナ禍の影響が表れるのはこれからで、たとえば吉本芸人の場合だと、働いた日からギャランティーが支払われるまでに2~3ヵ月のタイムラグがあるので、6月の給料は(仕事をしていなかった3月~4月分なので)壊滅的な状況だと思われます。

僕のところに入ってきている情報によると、(映画館を含む)多くの『劇場』は、営業再開後、しばらくは「一席空けて座る」という形での営業になるみたいで、「チケットが完売しても、売上50%ダウン」という、なかなか厳しい現実が待っています。

「新型コロナ」関連の経営破たんは、2月2件、3月23件、4月は84件、5月は100件を超える可能性が出ているそうです。

人が本当の意味で「貧しさ」を覚える瞬間は他者との差異でしかなくて、常に誰かと比べて生きています。

つまるところ、「今は皆が働けないし、皆が貧乏をしているよね」と思えている間というのは意外と健康的です。

(※たしか自殺者の数も今は少ないハズ)

やっかいなのはコロナ明け(働き始めてから)で、同じ時間だけ働いているのに、職種や、営業形態によって、売り上げの違いがこれまで以上に出て、その瞬間に「貧しさ」が生まれます。

「その日に備えて何をするべきか?」が、今、すべての経営者、リーダー、表現者に問われていて、そこで必要なのは「オフラインがダメなら、オンライン化だー!」といった『ゼロor100』の判断ではなく、自分のポテンシャルと相談した上での判断です。

FR2の石川涼さんのように才能も知見もブランド力もある人が進める「オンライン化」と、

田舎のブティックのお母さんが進める「オンライン化」では、結果は大きく違って、

後者は競合の餌になるだけです。

「自分の武器は何なのか?」ということと、「今は何をどれぐらい我慢しかきゃいけなくて、逆に、今だからこそできることは何なのか?」を考え抜くことが大切だと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 「第一希望」がことごとく消えていく中で

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

映画『えんとつ町のプペル』も他人事ではありません。

幸いアニメーション作品なので『制作』に関しては、リモートに切り替えることもできますし、リモートに切り替えたことによるメリットもありました。

ただ、『広告(集客)』に関しては、当初、予定していた計画が次々に流れ、「あれもムリ、これもムリ…」といった状況で、現在、多くの作品が悲鳴をあげています。

とくにゴールデンウィークに公開予定だった(けど公開延期となった)作品は、すでに広告費を使ってしまっているので、なかなか厳しそうです。

たしかに、コロナちゃんは僕らからたくさんの可能性を奪っていきましたが、その一方で、『広告』に関しては、『○○×STAY HOME』という「今しかできない」の可能性を作ってくださっています。

本来であればウン千万円とかかる広告が、場合によってはゼロ円で仕掛けることができて、広告マン(企業の広報担当者)は、ここを抽出することが非常に重要です。

今年1月の段階で中国・武漢市の不動産を調べていた西野氏におかれましては、この辺りは「勝機」として見ていて、打ち合わせ中にニヤニヤしているところをインターン生の「まーちゃん」に目撃されてしまいました。

(鼻の下を伸ばしている西野はコチラ↓)

https://note.com/maayamakino/n/nba3b4b811161

映画『えんとつ町のプペル』は、映画公開前に全国のイオンシネマを巡回し、『キンコン西野が映画のストーリーを全て喋る会』を各地で開催する予定だったのですが、「この状況だとさすがに難しいですよね…」と肩を落とすスタッフ。

その奥でニヤニヤしている西野氏は、先日、コロナの影響を受けて500人規模の講演会の中止が決まるやいなや、『オンライン講演会』を仕掛けて、1万2000人を動員しております。

もう皆さんお察しのとおり。

僕が次に打つ手は、「キンコン西野が映画のストーリーをオンラインで(自宅から)全て喋る会」です。

これはコロナが落ち着いてからやっても意味(広告効果)がなくて、「なるべく家にいましょうね」の空気が残っている間にやらなければなりません。

あとは「どこから配信するのが一番面白いか?」ですね。

これはもう僕の中で決めていて、これまで1度もメディアで出したことがない(SNSの画像でも出したことがない)、僕の自宅の寝室から配信します。

子供が眠る時間に合わせて、ベッドの上から、映画『えんとつ町のプペル』のストーリーを配信します。

お父さんが昔話を話すように。

(※オンラインイベント参加権は、近々、クラウドファンディングのリターンで出します)

こと『広告』に関しては、コロナは(そもそもニュースになりやすい性質を持っているので)

逆手にとりやすくて、映画『えんとつ町のプペル』でも使わせていただきます。

マグレ当たりなんかには興味がなくて、確実に狙ってメガヒットをとりにいきます。

その過程を見届けてください。

現場からは以上でーす。

【追伸①】

とは言え、全国の皆様に会いたいので、コロナが落ち着いたら、それはそれで全国の映画館をまわるイベントを開催します。

そして、それ終わりで、その地域のサロンメンバーと飲み会をします!

アチョー!!

【追伸②】

サロン記事の感想を呟かれる際は、文章の最後に『salon.jp/nishino』を付けて《本垢》で呟いていただけると、西野がネコのようになつく場合があります。

SILKHAT.YOSHIMOTO.CO.JP

#SILKHAT #シルクハット #クラウドファンディング 映画『えんとつ町のプペル』を全国の子供達にプレゼント

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

毎朝2,000~3,000文字の投稿が届きます!

西野亮廣エンタメ研究所

リアルタイムで西野亮廣さんが手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを覗くことが出来ます。

経営者、ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA