『すっごいプレオーダー戦略(仮)~BBQ型サービスがもたらした販売戦略の変化~』 #西野亮廣エンタメ研究所 #過去記事 20200508

5月8日(金)

おはようございます。

ロケット開発の支援で1000万円を使っちゃったので明日から水商売(スナック西野)を始めるキングコング西野です。

さて。

今日は「BBQ型サービスがもたらした、販売戦略の変化」という、どう考えたってカッコいいタイトルで記事を書きたいと思います。

経営者さんやクリエイターさん必読の内容です。覚悟しやがれ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 「レストラン型」から「BBQ型」へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

8年ほど前に「レストラン型」と「BBQ型」という概念を提唱して、大炎上しました。

「あらゆるサービスは、『プロが作った料理をお客さんにお出しするレストラン型』から『お客さんが食べるものをお客さんと一緒につくるBBQ型』になる」と言っちゃったわけですね。

今、聞くと、「そりゃそうだよね」かもしれませんが、当時は『BBQ型』なんて言葉もない時代で、「お客さんと一緒に作る?は?」といった反応でした。

「完成前の作品を表に出す」なんて、ありえなかったわけですね。

「そんなの、ネタバレしちゃって、売れないじゃん!」というのが世間の声でした。

ただ、固定観念と感情を捨てて、「理屈」だけで考えたら答えは出ていて、ボクとキミの二人で作った作品は、自分達が記念に購入するから最低「2個」売れます。

2人で作った作品が「2個」売れるのであれば、

10人で作った作品は「10個」売れるし、1万人で作った作品は「1万個」売れます。

つまり、「『作る人』はそのまま購入者になるのだから、『お客さん』を増やすのではなくて、『作る人』を増やしちゃった方がいいよねー」と言ったのが2012年の西野です。

「クラウドファンディングは資金調達装置ではなくて、共犯者作りの装置だよ」と言ったわけですが、当時は「クラウドファンディング?は?宗教でしょ?」と言われていた時代なので、BBQ型エンタメの市場を独占することができました。

あれから8年の月日が経ち、今じゃ、「完成品を売りつけられるのはツライっす」「お前のオナニー作品なんて知らねぇっす」という時代になりました。

数年後、この「揺り戻し」は確実にありますが、少なくとも2020年現在は『BBQ型』が覇権を握っています。

当時、「ヨゴレ行為」として扱われていたハズの「お客さんと呑む」の理解も随分進みました。

吉本がやっている『スナック吉本』は、共犯者作りの場として必要なので、コロナ明けも根付くでしょう。

さて、時代は『レストラン型』から『BBQ型』にすっかり変わっちゃいましたが、どっこい、広告戦略の全てが刷新されているわけではありません。

今からお話しすることは、前々から僕がやっていたことですが、言語化した方がスッと入ってくると思うので、頑張って言語化してみます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 『すっごいプレオーダー戦略(仮)』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

僕はカリスマホストのローランド様のファンなのですが、ローランド様は「1日で最高6000万円を稼いだ男」としてメディアで紹介されたりします。

そこだけ聞くと、なんだか凄そうですが「6000万円」というのは、ローランド様の誕生日の日の売り上げであって、1年間かけてファンを作って、お金を落としてもらう日を「誕生日」に集中させている(決算を集中させている)だけなので、「6000万円」自体はそんなに凄い話じゃありません。

(※ローランド様の魅力はそこじゃないです!)

…これ、伝わってますか?

えっと、たとえば僕、ときどきクラウドファンディングのリターンで『西野を講演会に呼べる権(50万円)』を50個ぐらい出したりするのですが、だいたい5分ぐらいで完売するんですね。

ここだけ切り取ると「5分で2500万円を稼ぐ男」と言えちゃうわけですが、その後、講演会で全国をまわらなくちゃいけないので、実際は5分じゃないですよね。

ローランド様も誕生日に「6000万円」を集める為に、1年間毎日頑張っているんです。

費やしている時間は「1日」じゃねぇんです。

ただ、こうして「数字」をコントロールして、売り上げを集中させるのって、すっごく大事で、事実「1日で最高6000万円を稼いだ男」という言葉につられて、ローランド様に興味を持った人も少なくないハズです。

(※僕がマンマとその一人です)

ここで『BBQ型』に話を戻します。

BBQ型の基本は「お客さんと一緒に作る」なので、発売日よりも、ずっとずっとずっと前の段階から、その商品に興味を持ってもらっています。

制作を共有している過程で、「買いたい!」と思ってもらっているタイミングは何度もあるハズです。

『BBQ型サービス』を提供する人間は、そのタイミングで買えるようにしておく必要があります。

せっかく、発売日の1年前から制作過程を共有しているのに、「予約は発売日の1ヶ月前から」とかワケが分かりません。

「予約は発売日の1ヶ月前から」というのは、『レストラン型』の広告戦略の名残りです。

ここ、皆、メチャクチャ取りこぼしているんです。

『BBQ型サービス』の予約販売のスタートのタイミングは、「制作開始と同時であるべき」です。

んでもって、制作に2年がかかる絵本だったら、毎日5冊ずつでもいいから、予約販売で売り続けるんです。

すると、2年で「3650冊」が売れます。

で、この「3650冊」という数字が、どこにカウントされるかというと『発売日』です。

(※本の場合なら「初版」)

「初日に3650冊売れた絵本」と打ち出せるわけですね。

お客さんは「皆が買っているもの」を買おうとします。

本屋さんは「売れそうな本」を売ろうとします。

すんごい長い時間をかけて、コツコツと予約をとって、初日に売り上げを集中させることによって、期待値を上げ、人を惹き付け、売り上げを加速させるわけですね。

『レストラン型』には、この数字のコントロールができなくて、『BBQ型』にはできるんです。

ローランド様(ていうか全ホスト)が1年間かけて誕生日に売り上げを集中させているような、

西野が自分のネットショップで発売日の7ヶ月前から予約販売を開始しているような、この広告戦略を僕は『すっごいプレオーダー戦略』と呼んでいるのですが、ネーミングセンスが壊滅的なので、誰かイイ名前を付けてください。

『BBQ型サービス』の広告戦略の一つです。

かなり、かなりオススメです。

現場からは以上でーす。

【追伸①】

サロン記事の感想を呟かれる際は、文章の最後に『salon.jp/nishino』を付けていただけると、西野がネコのようになつく場合があります。

【追伸②】

今年12月に発売する西野亮廣絵本最新作『みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~』の予約は、すでにスタートさせています。

 NISHINO.THEBASE.IN

【予約販売】『みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~(仮)』(サイン入り・送料込み) | キンコン西野のサイン本

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

毎朝2,000~3,000文字の投稿が届きます!

西野亮廣エンタメ研究所

リアルタイムで西野亮廣さんが手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを覗くことが出来ます。

経営者、ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA