『YouTubeの未来と音声メディアをキンコン西野が考察』 #西野亮廣エンタメ研究所 #過去記事 20200318

3月18日(水) ※3月20日以降は『いいね』を押さないでください。

━━━━━━━━━━━

おはようございます。

新入社員やインターン生達の甘酸っぱい青春物語を『テラスハウス』のように毎日楽しみに見させてもらっているキングコング西野こと「オバサン」です。

さて。

今日は『YouTubeの未来』についてお話したいと思います。

「Voicyの音源をYouTubeにコピペしといて」と、YouTubeの運営をマネージャーの須藤君に丸投げしているのですが、その理由は「時間が無いから」であって、YouTubeに興味が無いわけではありません。

ちなみに、1つの実験結果として(参考程度に)捉えておいていただきたいのですが、YouTubeに音源をコピペするようになってから、Voicyのフォロワーが増えました(※フォロワーの増加がある程度のところで停滞していたのですが、再び加速しました)。

「もう少し良い環境(音声に特化しか環境)で聴きたい」という需要を拾ったものだと思われます。

面白いですね。

「コピペする→ネタ元のフォロワーが増える」は、他でも転用できそうです。

…話を『YouTube』にもどします。

僕の場合は相方が熱心なYouTuberですので、それだけにYouTubeの未来には興味があって、動向を伺っています。

結論から先に申し上げますと、YouTubeは『SNS』になると思います。

1人が1チャンネルを持って、呟くように動画を発信するようになるでしょう(てか、もう、なってますよね)。

Aさんの動画に対するアンサーをBさんが動画で発信。その様子、それぞれのフォロワーが見る…といった。

ちなみに、Twitterは「実名派」と「匿名派」で分かれていて、YouTubeも「顔出し派」と「顔出さない派」で分かれています。

整理すると、ここから『SNS』は…

① 「文字×実名」で発信する人

② 「文字×匿名」で発信する人

③ 「動画×顔出し」で発信する人

④ 「動画×顔出さない」で発信する人

の4つに分かれるでしょう。

この先に考えられる展開としては、③と④の人数は増えますが、地球の人口(人間の可処分時間)が、それに合わせて増えるわけではないので、再生回数は細分化され、1人あたりの広告収入は落ちるでしょう。

広告収入に期待できなくなるので、YouTubeは、テレビや書籍のように、【自分の本業にお客さんを流し込むための媒体】となり、別口で収入源を作っていないと、今のTVタレントさん同様、なかなか厳しい戦いになると思います。

すでにキングコング西野は、「チャンネル登録者数も再生回数も、まもなくTwitterのフォロワーぐらい価値が無くなるものだから、そんなことよりも、『絵本やオンラインサロンといった【商品】に興味を持ってもらう内容を届けられているか否か』で判断しよう!」とか言っています。

そして、もう一つ。

発信者が増えれば増えるほど、可処分時間の奪い合いは更に加速します。

全員が全員の1分1秒を奪い合う世界です。

この時、人類は「動画の遅さ」に直面するでしょう。

昔、杉作J太郎さんが、「エロビデオより、エロ本の方が興奮する!」と言っていたのですが、その理由は『動画は遅いから』でした。

読み手のペースで物語を進められるエロ本に対して、エロビデオは作者のペースで進められるので、場合によっては待たなくてはいけまけん。

その時、『遅い』と感じるんですね。

これは「時間の支配権はどちらにあるか?」という問題で、動画の場合は確実に配信者側にあります。

本をたくさん読んでいると、「ここは、作者がページ数を稼ぐ(本を分厚くする)時間帯なんだな」というのが分かるようになってきて、そういったところはビシバシ飛ばして読むことができます。

『遅さ』というのは、時間の支配権を握ってしまっている動画の最大の急所で、今後、可処分時間の奪い合いが激しくなると、ここは大きな大きな問題になってくるでしょう。

可処分時間の奪い合いに参加していない『音声』に注目が集まるのは、そんな理由です。

━━━━━━━━━━━━

▼ この先、考えられる展開

━━━━━━━━━━━━

企業が販売している【商品】には、ビジュアルだけで説明できるものがありますよね。

たとえば、『車』や『家具』や『洋服』など。

んでもって、今、『西野亮廣エンタメ研究所』の公式YouTubeチャンネルは音声だけを提供しています。

画面があるのに、10分間まるまる画面を使っていないんです。

僕がビジュアルだけで説明できる商品を取り扱っている企業の広報担当だったら、あの枠を50万~100万円で買います。

10分間もの間、ずーっと商品を流せるのだから。

15秒のCMを買うより遥かにコスパが良いです。

YouTubeの規約との兼ね合いもありますが、あそこが売り買いされる未来は考えられそうです。

『音声』は、ただの実験(どうなるのかな?という興味)で始めたのですが、実験を始めてみると、なるほど、まだまだ掘り起こされていないビジネスが埋まっているので楽しいです。

引き続き、実験を続けます。

今のところ、『YouTube×音声』は可能性しかありません。

現場からは以上でーす。

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

毎朝2,000~3,000文字の投稿が届きます!

西野亮廣エンタメ研究所

リアルタイムで西野亮廣さんが手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを覗くことが出来ます。

ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA