『映画えんとつ町のプペルの広告~キンコン西野の決意表明~』 #西野亮廣エンタメ研究所 #過去記事 20200317

3月17日(火)

おはようございます。

新型コロナウイルスが暴れておりますが、よくよく考えたら、この20年近く、まともに風邪すらひいたことがないキングコング西野こと「ほぼ松岡修造」です。

さて。

昨日、一昨日と、戦略染みた話が続いたので、今日は、戦略もヘッタクレも無いタダの僕の「決意表明」を皆様にお届けしたいと思います。

現在、今年の年末公開に向けて、映画『えんとつ町のプペル』の制作&広告戦略を進めているのですが、先日、突然、あるスタッフさんから「Vコンテ上映会はしたくない」という声が上がりました。

『Vコンテ上映会』というのは、映画の絵コンテを繋いだ映像(ボラギノールのCMのようなやつ)を、映画の公開前に全国の映画館で上映するというものです。

「完成前の不完全なものを見せたくない」というのが、そのスタッフさんの言い分なのですが、『不完全と分かった上で、不完全なモノを見たい人』が集まるイベントなので、そこで評価されるものではありませんし、なにより、一旦は「Vコンテ上映会をやりましょう」という全員の合意がとれた上で走らせていた(全国の映画館を押さえていた)プロジェクトでしたので、広告戦略チームからすると寝耳に水で大混乱。

世にも見事な「あんたも『やる』って言ったじゃん!」です。

「今更、何を言い出すんだ!」と声を張り上げるプロデューサーの横で、「まぁ、たしかに、近年稀にみる理不尽な話だなぁ…」と西野も思うわけですが、ただ一方で、「やっぱりやりたくない」というクリエイターさんの気持ちは大切にしてあげたくて、「クリエイターと仕事をする」ということは、その辺りの「へそ曲げ」も込み込みだなぁとも思いました。

なんてったって、僕自身が「やっぱり、やめよう芸」の国内トップランナーですので、あまり強く言えないんです(笑)

とはいえ、『Vコンテ上映会』用に全国の映画館は押さえています。

『Vコンテ上映』ができなくなって、内容を縮小するのは癪に障るので、『Vコンテ以上』に面白いものをお届けする必要があります。

というわけで、それ用にキチンとBGMを作って、「映画『えんとつ町のプペル』のストーリーを、講談師さながら、西野が1時間半喋り倒す会」を全都道府県で開催してやることに決めたぞコノヤロウ。

幸い、僕はメチャクチャお喋りが上手なので、喋り一本で劇場を1時間半沸かせ続けるのは、お手のものです。

1人で全国を回って、喋り倒して、宣伝し倒して、数年後に「お前のワガママのケツを吹いたのはボクだぞ!全力で謝れ!」と呑み屋で説教してやります。

「Vコンテが観れないのかぁ」とガッカリしなくても大丈夫です。

僕の本気のお喋りの方が500倍面白いので。

━━━━━━━━━━━

▼ 船長は何をすべきか?

━━━━━━━━━━━

物事が全て計画通りに進むなんてことはなくて、時に、今回のようなとんでもない理不尽が降りかかってきたりします。

「理詰め」すれば100対0で勝てますが、そこでスタッフを追い込んでも仕方がなくて、そんなことよりも船を前に進めることが大切です。

現在、この船で最も損傷が激しい箇所は「Vコンテ上映会ができなくなった」ということではなくて、「事前にキチンと確認をとりながら進めていたのにも関わらず、突然の『いやだ』によって発生した、スタッフ間の猜疑心(さいぎしん)」だと思います。

「これを、どう修復するか?」が船長の腕の見せ所です。

「再度、スタッフ同士で話し合って、握手してもらう」…というのもありますが、それだと、どうも「ヒビが入っている表面部分だけ」をパテで塗り直しているような感じがして、その場凌ぎです。

こういう時は「自分達のイザコザが いかにしょつもないことなのか」ということを思い知らせた方がいいと思っていて、昨日の広告戦略会議で、「ここから映画公開まで、ボクは映画の前売券を常に持ち歩いて、路上や呑み屋で1万枚手売りします」と発言しました。

「汚れた量」でスタッフ全員を黙らせます(笑)

言っちゃったからには、やっちゃうしかないのですが、毎月1500枚以上はコンスタントに手売りをしなければなりません。

1ヶ月にそれだけの人数と会うのは物理的に厳しいので、皆さんで作戦を考えてください。

とりいそぎ、僕が酒場で呑んでいる時は、店の場所をアナウンスするので、チケットを買いに会いに来てください。

酔っ払っていて「お釣り計算能力」がゼロになっているので、お釣りが出ないようにしてあげてね!

やるぞ、バカヤロウ。

現場からは以上でーす。

【追伸】

YouTubeで見つけた好感度だらけの二人。

YOUTUBE.COM

【映画】『えんとつ町のプペル』カバー!

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

毎朝2,000~3,000文字の投稿が届きます!

西野亮廣エンタメ研究所

リアルタイムで西野亮廣さんが手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを覗くことが出来ます。

ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA