『映画えんとつ町のプペルの宣伝会議~台本の無料公開!?~』 #西野亮廣エンタメ研究所 #過去記事 20200303

3月3日(火)

トイレットペーパーが売っていないので、ほぼウォシュレットで解決しているキングコング西野です。

さて。

昨日は映画『えんとつ町のプペル』の宣伝会議がありました。

(コチラ→) https://note.com/maayamakino/n/n4e30b1cb5868

前売り券は、一度に刷る枚数によって、一枚あたりの単価が変わるらしく(たくさん刷れば刷るほど安くやるヨ)、スタッフさんから「1万枚と、3万枚と、10万枚の三択があります」と言われたので、「10万枚の一択の間違いでしょう?」と、お返事しました。死にました。

極端な話、前売り券が1枚も売れなければ、約1億5000万円の損失です。

鬼クソ頑張ります。

昨日の会議では、先日、このサロンに投稿させていただいた『映画の台本+ペアチケット』の提案をさせていただきました。

案の定、「映画公開前に台本を販売するのは…」という声が上がりましたが、「台本を買うような人は、かなりのコアファンで、コアファンは映画館に足を運ぶことを決めている」という説明をすかさず差し込み、乗り切りました。

いかなる場面でも、飛んでくる指摘を想定し、その「返し」を準備しておくというのは、とても大切です。

そして、そこから更に攻め込む西野。

なんと、「映画公開直前に映画『えんとつ町のプペル』の台本を、ネットで無料公開しませんか?」と提案します。

(※このことは、絶対にナイショだよー)

さすがに、どよめく会議室。

「いくらなんでも…」という声が各地で上がります。

しかし、考えてみてください。

『小説の映画化』なんて、まさにそれ(映画公開前の台本公開)じゃないですか。

そして、映画化される小説は、「映画公開までに、多くの人に手渡っていればいるほどイイ(集客に繋がる)」とされています。

徹底的にネタバレをさせて、「これが、どう映像化されるんだろう?」という興味で、お客さんを釣っています。

理屈でいうと、それとまったく一緒なのですが、どういうわけかアニメーションとなると、「ネタバレしたら、来てもらえない」という声が上がります。

ただ。

ネタバレを恐れるのであれば、舞台『えんとつ町のプペル』は、やっちゃダメだし、5月から全国各地を巡業する「映画『えんとつ町のプペル』のVコンテ上映会」なんて絶対にやっちゃダメです。

そこでは「VコンテのネタバレはOK」としているのに、「台本のネタバレはチョット…」というのは、整合性がとれていません。

皆がブレーキを踏んでいる理由が、『理屈』ではなく、『思い込み(常識)』になっているような気がしました。

━━━━━━━━━

徹底的にシェアする

━━━━━━━━━

今回の勝負はものすごく分かりやすくて「ホームランを打たないかぎり、負け」です。

ホームランを打つ方法は決まっていて、誰よりも素振りをして、誰よりも研究して、そしてバッターボックスに立った時に「バットを長く持つ」です。

バットを長く持てば持つほど、空振りの確率も上がりますが、長く持たないことにはホームランは打てません。

昨日の会議の“締め”で「徹底的にシェアしましょう」という言葉を使わせていただきました。

こうして、3万8000人の方に戦略をお話しすることで、きっと僕は引き下がれない状況を作っているのだと思います。

責任の所在を明らかにすることで、自分のケツを叩いているのだと思います。

結構、怖いですが、おもくそ頑張ります。

余談ですが、声優さんにお配りする台本には、

『小栗旬=001』『山田孝之=002』…といった感じで、それぞれ【番号】が振られています。

「誤って世に出回ってしまった台本が誰のものなのか?」を明らかにする為です。

昨日、スタッフさんから「個展会場で、お客さんに販売する台本にも、1番~1000番まで、それぞれ【番号】を振ったら、面白いかもしれませんね」と提案されて、即採用しました。

スタッフ感が、より強まって最高ですね。

こんな感じで、試行錯誤、微調整を繰り返しながら、映画『えんとつ町のプペル』の制作を進めております。

「こんなのどう?」「こういう形でなら協力できるよ」というのがあれば、コメント欄までジャンジャン送ってきてください。

メガヒットさせて、明るいニュースを作るぞー。

おー!!!

現場からは以上でーす。

【映画『えんとつ町のプペル』を子供達にプレゼントしたい】

https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/1189

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

毎朝2,000~3,000文字の投稿が届きます!

西野亮廣エンタメ研究所

リアルタイムで西野亮廣さんが手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを覗くことが出来ます。

ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA