『キャラ経済時代の“良いキャラの定義”』 #西野亮廣エンタメ研究所 #過去記事 20200301

3月1日(日)

おはようございます。

エゴサーチをしていたら、「キンコン西野は本とか出してるし、調子にのっている」というツイートを発見して、さすがに笑っちゃったキングコング西野です。

さて。

最近はnoteで細々と書いている『30年前の日記』が楽しいし、一昨日、田村Pと呑んだ時には、「もう、ボクの行動や、ボクの考えは、田村さんが全部知ってるんだから、田村さんが『となりの西野亮廣』的なビジネス書を書けばいいと思う」と丸投げ。

そういえば「『ビジネス書』を出したい」という欲がすっかり無くなりました。

西野のビジネス書といえば、だいたい20万部ぐらい売れちゃうドル箱コンテンツですので、惜しまれるところです。

以前もお話ししましたが、これからの『ビジネス書』は、きっと元の居場所に戻って、お堅く、マッチョなものになり、読み手も限定されていくことでしょう。

個人的には、そういう本を「読む」のは好きなので、今後も新刊に期待しますが、一方で、『ビジネス書』という一種の“正解”に対しては「参考程度にとどめておこう」というドライな気持ちが以前よりも膨らんだのは事実です。

正解が溢れ、貧富の差が加速する中、どうやら僕らは『ギフト』と『キャラクター』の時代を生きることになりそうなので、今日は『キャラクター』を少し深堀って、「いいキャラクターとは何か?」を定義したいと思います。

━━━━━━━━━━━━━

再ブレイクしたキングコング

━━━━━━━━━━━━━

少し前から薄々気づいていましたが、どうやらキングコングが再ブレイクしています。

とはいえ、僕が狙うは「世界のエンタメ市場」で、それには時間が必要ですので、今後も、お声がかかったテレビにホイホイ出ていくことはありませんので、表向きは「弱火」が続きます。どうか、それで勘弁してください。

コンビとしてのブレイクのキッカケは、言わずもがな『カジサック』です。

彼の活躍が全てです。

ただ、梶原君がカジサックになるまでは、ずいぶん(ホント、長い間!)遠回りをしました。

10年ほど前です。

加熱する『ひな段』レースに梶原君も参加していて、連戦連敗。

得意でもないツッコミを入れては、『その他の芸人』になっていました。

「梶原。突っ込んじゃダメだ」

「梶原。あの競争には参加しなくていい」

「梶原。あそこで小笑いをとっても、お前にポイントに入ってない」

「突っ込んじゃダメだ。これから、ツッコミは、お客さんがする時代になるから」

何度も何度も何度も言ったのですが、「芸人かくあるべし」の洗脳は解けず、正解を求めては、負け続け、何年間も自分の椅子を確保できずにいました。

「役に立つ枠」は、「一番役に立つ人」一人でいいわけですね。

僕の問題であれば、僕が世界的に努力すればいいだけの話ですが、相方(他人)のこととなると、話は別です。

いつまでも居場所を見つけられずにいた梶原を見ては、「まいったなぁ」と思う毎日。

そんな矢先(今から6~7年前かな?)、YouTubeというものが出てきて、「これだー!」と飛び付きました。

「YouTubeなら、誰に気を使うこともなく、梶原の良さを出せる!YouTubeこそが、梶原の居場所だー!」と興奮し、「YouTubeをやろう!」と梶原君に声をかけました。

ところが、洗脳真っ最中にいた梶原君ですので、「芸人がYouTube?」といった調子で、「西野が言うから、やるけども…」と、しぶしぶ参加。

どうにも勢いにのれません。

今、あらためて6年前の自分達のチャンネルを見返してみると、自分達のチャンネルの中でも、梶原君はちゃんとしようとしていて(真面目でイイ奴なんです!)、「恥部」や「負け顔」を見せません。

言葉は悪いですが「できる芸人風」です。

それに対して西野も、たいした実力も無いものですから、グズグズと、芯を捉えかねています。#しっかりしろ

━━━━━━━━━━━━━━

そして、カジサックのブレイク

━━━━━━━━━━━━━━

それから、コンビとしては大きな結果を出さないまま、5年ほど経ったある日、梶原君が僕に「西野! 次の時代はYouTubeや!」と教えてくれて、「今ーー!!?」と突っ込みましたが、まぁ、嬉しかったです。

たぶん、5年前にそれを言っていれば、ヒカキンさんには勝てたと思うのですが、それも、梶原君らしくて最高だな、と(笑)

そこからの彼の活躍は周知のとおり。

でね。

6年前と何もスタイルが変わっていない(二人でウダウダ喋っているだけ)キングコングのYouTubeチャンネルですが、一つ、6年前と大きく変わったことがあります。

それは、「梶原君が圧倒的にポンコツになった」ということです。

風呂敷を広げて勢いよく喋るわりには、それに見合ったオチがあるわけでもない。

それどころか、オチ前に噛む始末。

全速力で走ったぶん、コケた時は派手です。

そして、コケたところを隠さない。

「でへでへ」と笑って、頭を掻いて終わり。

処理もしない。ポンコツの極み。

『カジサック』という自分の居場所を見つけて、余裕が出たのでしょう。

「負け顔」を見せる回数が圧倒的に増えました。

おかげで、どうなったかというと、僕の仕事が増えたんです。

どうやら梶原君の話には大したオチがないから、「ふんふん」と話を聞きながら、「どこで、落とそうかなぁ?」と考えます。

考える時間を十分いただけるので、イイ感じに落とすことができます。

たぶん、今の『毎週キングコング』は面白いハズです。

ここに「キャラクター」についての学びがありました。

━━━━━━━━━━━

▼いいキャラとは何か?

━━━━━━━━━━━

「いいキャラ」というのは、「仕事ができる人」のことではなく、「相手に【役割】を作れる人」のことを指すのだと思います。

のび太は「ドジをしたから助けてくれ」という役割を、ドラえもんに与えます。

ドラえもんは、「イイ感じの秘密道具を使いたいから、使いどころを作ってきてくれ」という役割を、のび太に与えます。

漫画『ONE PIECE』にしたって、それぞれのキャラクターが、それぞれのキャラクターに役割を与えています。

ルフィーは航海図など読めません。

漫画を例にあげるのが一番分かりやすいのですが、のび太にしても、ルフィーにしても、「役割を与えられる人(誰かが活躍する機会を作ってくれる人)」の条件は、『キャラに一貫性がある』ということですね。

キャラがブレちゃうと信頼できない(互いの担当範囲がよく分からなくなる)ので。

優秀かどうかなんて、これからの時代において、それほど重要ではなくて、『キャラに一貫性』がある方が遥かに重要で、梶原君が「ポンコツ」を貫いた瞬間に、彼のまわりに活躍できる人が集まり、結果、売り上げも上がっています。

キャラを交換し合うことで、互いのキャラを強化(役割をより明確に)していく『キャラ経済』の足音は、もうすぐそこまで聞こえています。

「優秀or無能」で議論することがもう時代錯誤で、誰かと同じじゃなくていいし、同じじゃない方がいいし、ポンコツにも意味がある。

大切なのは、「キャラをブレさせない」ということだと思います。

現場からは以上でーす。

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

毎朝2,000~3,000文字の投稿が届きます!

西野亮廣エンタメ研究所

リアルタイムで西野亮廣さんが手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを覗くことが出来ます。

ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA