『日本の状況と今後の打ち手。仕事と趣味の話。』 #西野亮廣エンタメ研究所 #過去記事 20200208

2月8日(土)

おはようございます。

今日から「岡山→島根→インド」という不思議スケジュールを展開するキングコング西野です。

さて。

あらためて、僕のスタンスをご説明した上で、「最近、テストで、こんなことを始めてみたよー」というお話をしたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━

▼ そりゃ、世界を狙わなきゃね

━━━━━━━━━━━━━━

どういうわけか多くのクリエイター&パフォーマーが目を背けていますが、泣こうが喚こうが、日本の人口は減ります。

くわえて、2025年には団塊世代(人口のボリュームが大きいところ)が75歳以上の後期高齢者となり、日本は人口の4人に1人が75歳以上という、世界一の超高齢化社会に突入します。

俗に言う『2025年問題』です。

これによって、どういったことが起きるのかは詳しく知りませんが、ことエンターテイメントの世界におきましては、「お客さん」と「広告費」が減ることは確かです。

これがもう、ビックリするぐらい確かです。

お客さんが減り続けている中、お客さんを奪い合っているのが、国内向けのエンターテイメントですね。

そんなもの、限界が来ることは火を見るより明らかなので、とっとと韓国をお手本にして、国外に仕掛けていった方かいいと思っています。

メキシコやボローニャといった世界のブックフェア(絵本の版権を売る祭典)に行くと、韓国ブースのお金のかけ方(海外へのアピール)はハンパなくて、国内市場が小さい国の気合いをヒシヒシと感じます。

マジで、韓国ブースの力の入れ具合は、その他の国に比べて段違いっす。

そんなこんなで、西野亮廣も『非言語の作品(個展)』や『翻訳のハードルが低い作品(絵本&アニメーション映画)』に熱を入れているわけですね。

「よく、世界に仕掛けようと思ったねぇ」と言われる機会が多いのですが、「逆に、世界に仕掛けずに、どうやって食っていくの?」と思っていたりします。

古典的な方法ではありますが、「圧倒的な作品(原液)を作って、海外で版権を売る」をコツコツと続けています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ じゃあ、国内向けにやってるアレは何?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こうなってくると、「日本語に依存している書籍(特にビジネス書)や、『西野亮廣エンタメ研究所』のYouTubeチャンネルは、何の為にやっているの?」という話になってくるのですが、これは、もうシンプルに『趣味』です。

スマホゲームをするような感覚です。

小学生の頃、KOEI(ゲーム会社)の『三国志』にハマったのですが、その延長です。

ゲームの中の世界でシミュレーションゲームをするよりも、現実世界でシミュレーションゲームをした方が楽しいので、「なるほど。ここに球を投げたら、こうなるのかぁ」という実験を繰り返しています。

なので、ビジネス書や、YouTubeの売上で食っていこうとは1ミリも考えておりません。

YouTubeの売上は、半分を吉本興業に入れて、残りの半分は、寄付します(※絵本を買って、スラム街の子供達に贈ったりします)。

せっかく趣味でやっているので、僕が時間を割きたいのは、『誰も知らない結果』で、たとえば「人気YouTuberとコラボを繰り返して、チャンネル登録者を増やす」みたいな、答えが出てしまっているアクションには微塵の興味もありません。

あくまで、僕が時間を割きたいのは『誰も知らないこと』です。

「それをやったら、どうなるの?」です。

そんなこんなで、最近、こんなテストを始めてみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 音声YouTubeの『広告』をどこに出すか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

僕は、音声だけのYouTubeチャンネル(西野亮廣エンタメ研究所)を持っています。

Voicyに投稿した音源を、マネージャーの須藤君が、せっせとコピペしている“二毛作チャンネル”です。

「可処分時間の奪い合い」に参加しても未来が無さそうだったので、「ながら」で楽しめるYouTubeチャンネルを作ろうと思って、音声だけにしてみました。

これも、「音声だけにしたら、どうなるのかな?」という実験です。

そんな中、先週、チャンネル登録者数が「9万人」を突破したタイミングで『広告』を出してみたくなって、「音声だけのYouTubeチャンネルの正しい広告は何かしら?」と考えた結果、「北海道に広告を出してみよう!」と結論しました。

『車社会』だからです。

日本人の中で耳が一番空いているのが、北海道の人だと考えたわけですね。

そんなこんなで、Facebookを使って、北海道限定で広告をうってみました。

そこから一週間でチャンネル登録者数が1万人増えたのですが、それが、今回の広告によるものかどうかを判断するのは、もう少し先だと思います。

僕が面白がっているのは、こういった部分で、この実験結果が何の役に立つかは分かりませんが、ヒットのノウハウに従って生きるよりかは、『広告脳』の体操になっていると思うので、引き続き、実験を繰り返していこうと思います。

話をまとめると、西野の中では…

・作品制作の目的→「世界をゴリゴリに狙う」

・日本語依存のエンタメの目的→「ただの趣味(シミュレーションゲームの延長)」

となっているよー、ということです。

後者は、飽きたら辞めます。

キングコングとして梶原君と二人で喋るのは楽しいので、それは爺になっても続けます。

現場からは以上でーす。

『夢幻鉄道』

作曲:西野亮廣

演奏:本城ゆみ

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

毎朝2,000~3,000文字の投稿が届きます!

西野亮廣エンタメ研究所

リアルタイムで西野亮廣さんが手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを覗くことが出来ます。

ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA