『今の時代はどう考えたって【株】を持ち合った方がいいよね(後編)』 #西野亮廣エンタメ研究所 #過去記事 20200204

2月4日(火)

こんばんは。

来週インドに行くことにしたキングコング西野です。

さて。

今日は朝から映画『えんとつ町のプペル』の仮アフレコをしてまして、毎朝コラムの配信がこんな時間になってしまいました。

ごめ~んね!

そんなこんなで、今日は昨日の記事の続きです。

(※昨日の記事をまだ読まれていない方は、先に、そっちを読んでください)

それでは、どうぞ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 『株』を持ち合った方がいいよね(後編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

要するに僕はクリエイターの支援をしたいわけです。

ただ、その支援が『善意』だけになってしまうと、支援の熱量が下がるか、もしくは「支援疲れ」が起きてしまう。

高い熱量で支援し続ける為には、必ず“支援する側”に『リターン』を設計する必要があって、その一つが「クリエイター同士で『株』を持ち合う」という方法ですね。

広告費が発生する場所に(普遍的な)共同作品を置く(映画『えんとつ町のプペル』のカバー曲)企画が、それにあたります。

映画『えんとつ町のプペル』のカバー曲がアップされたチャンネルを僕が宣伝すればするほど、僕にメリット(※映画の宣伝になる)があるわけですね。

そして、

映画『えんとつ町のプペル』がヒットすればするほど、カバー曲の再生回数が回って、カバー曲をアップしてくださったアーティストさんに配当(ファン&広告費)がいくわけですね。

YouTube以外にも、「クリエイターの『株』」になりうるものはきっとあるハズで、僕らは、それを探す必要があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 堤さん(トンコハウス)を、どう支援するか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

映画『ダム・キーパー』で米アカデミー賞にノミネートされたトンコハウスの堤さんが来日されていたので、先日、呑みに行ってきました。

メチャクソ楽しい夜でした。

才能に溢れているし、人格者だし、たくさん夢を与えてくれる人なので、具体的に応援したいと思ったのですが、何度も言うように『善意』で支援を始めても意味がありません。

嫌な表現ですが、お互いのことを考えても、「堤さん(トンコハウス)を応援すればするほど僕が得をする」という環境を作った上で、応援すべきです。

梶原と西野でいうところの「キングコング」のように、

堤さんの仕事が上手くいけばいくほど、西野が配当を受けられて、

西野の仕事が上手くいけばいくほど、堤さんが配当を受けられるような、

そんな「○○」を作ることができればいいわけですね。

何かないかしら?

そんなことを考えていた矢先、担当編集の袖山さんから「プペルの重版がまたまた決まりましたー!」という連絡をいただきました。

プペルの重版は、これで『43刷』です。

特筆すべきは、「重版のペースが落ちていない」という点です。

そうなんです。

絵本はビジネス書と違って古くならないので、「ある一定のラインを越えたヒット作」となると、子供が生まれる度に重版がかかり続けるんです。

そして、もう一つ。

今回は、映画『えんとつ町のプペル』の公開のニュースを出したタイミングと、舞台『えんとつ町のプペル』が始まったタイミングで、それぞれ重版がかかったのですが、言ってしまうと、西野が活躍する度に重版がかかっている(売れている)のです。

━━━━━━━━━

▼ 絵本という『株』

━━━━━━━━━

面白いのが、『えんとつ町のプペル』が売れると、数年前に出した他の作品(絵本)も芋づる式的に売れます。

これには、「他の作品も読んでみたい需要」と、「コレクション需要」が考えられます。

後者は“絵本ならでは”ですね。

たしかなことは、「絵本の価値は、プレイヤーの人気で変動することはあっても、時間(の経過)で変動することはない」ということです。

絵本って、めちゃめちゃ【株】っぽいんですね。

そう考えると、『えんとつ町のプペル』という株は、僕一人で持つよりも、何人かに持ってもらった方がよくね?

たとえば、あなたが『えんとつ町のプペル』の株を50%持っていたら、全力で「西野」を応援するでしょう?

西野が活躍すればするほど、『えんとつ町のプペル』に重版がかかって、その都度、配当が貰えるのだから。

結論は非常にシンプルです。

堤さん(トンコハウス)を支援したければ、堤さん(トンコハウス)と共同で絵本を作ればいい。

堤さんを応援すればするほど僕にメリットがあるし、僕が活躍すればするほど、共作の絵本の重版がかかり、間接的に堤さん(トンコハウス)を支援することができる。

面白いのは、「絵本の印税(を受け取れる権利)」も『株』のように売ることができる点です。

僕のビジネス書の印税を受け取れる権利を買う人はいませんが、絵本『えんとつ町のプペル』の印税を受け取れる権利を「1億円」で買う人は普通にいると思います(※売らないよ)。

そう考えると、絵本って、メチャクチャ『株』っぽくて、活動を応援したいクリエイターとは、絵本を共作して、株を持ち合う状態を作っておくといいなぁと思いました。

複雑な話をしていますし、自分でも、まだ綺麗に話せた気がしていませんので、「ちょっと分からない」という方は、コメント欄で、賢い人に説明してもらってください。

『絵本は【株】っぽい』というのは、結構、面白い話だと思います。

現場からは以上でーす。

 

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

毎朝2,000~3,000文字の投稿が届きます!

西野亮廣エンタメ研究所

リアルタイムで西野亮廣さんが手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを覗くことが出来ます。

ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA