『映画えんとつ町のプペル カバー曲企画の次は〇〇』 #西野亮廣エンタメ研究所 #過去記事 20200118

1月18日(土)

おはようございます。

楽屋で、カジサックが赤ジャージに名札(白のガムテープ)を自分で貼っているところを見て、胸がしめつけられたキングコング西野です。

# 何の感情?

さて。

連日の投稿で、お気づきだとは思いますが、映画『えんとつ町のプペル』の戦闘モードに入っております。バッキバキです。

せっかくのオンラインサロンですから、この場所で皆様にお見せするのは、偶然などではなく、「キチンと狙って、確実にメガヒット」を生む過程です。

残酷かもしれませんが、多くのクリエイターさんが口にする「ヒットに恵まれない原因」が全て言い訳に聞こえるほど、徹底的に準備します。

そんなこんなで、昨日の投稿の続報です。

(※昨日の記事をまだ読んでない方は、先にそっちを読んでね)

昨日、「『カバー曲企画』は、映画『えんとつ町のプペル』の映像の一部をフリー素材にして、予告編を皆に作ってもらう為の前フリ(=こんなハチャメチャな提案を通す為の実績と信頼づくり)」という話をさせていただきました。

あの投稿の後、すぐに、スタジオ4℃(映画製作会社)の田中社長に「一部映像をフリー素材にして、皆に予告編を作ってもらいましょう」という話を持ち込みました。

田中社長からは、「私は何をすればいいの?教えてー!頑張るから!」というお返事をいただいたので、「おとなしくフリー素材にしてください(笑)」ということと、ドサクサに紛れて、「Vコンテの上映会をやりましょう!」とブチ込んでみました。

━━━━━━━━━━━━━━

『Vコンテ』の上映会って何?

━━━━━━━━━━━━━━

『Vコンテ』というのは、絵コンテ(静止画)を強引に繋いだ「ボラギノールのCM」みたいな動画です。

ここに仮で声(台詞)を入れて、アニメーターさんにお渡しします。

キングコング西野が毎晩やっているのは、この『Vコンテ』の修正ですね。

文字の羅列で見たストーリーと、映像で見たストーリーとでは、スピード感が全然違っていて、文字面だと耐えれたのに、映像になった瞬間に、急にタルくなったりするもんだから、「やっぱり、この台詞はカットで!」と支持を出したりします。

今日も空き時間は、その作業をやっています。

『Vコンテ』は、制作スタッフが共有する設計図なので、基本、一般のお客さんは観ることがないのですが(※ときどきDVDの特典映像とかで付いていたりします)、「希少価値」でいうと、完成品より価値は高いので、いっそのこと劇場で上映しちゃいましょう!…というのが今回の提案です。

当たり前ですが、2020年の年末公開の映画『えんとつ町のプペル』の完成前に立ち会えているのは現代人だけで、それこそ『Vコンテの上映会』なんて、映画公開後は絶対にできないので、今やるしかないでしょ(*^^*)

親が、成長した子の姿を確認したくなるような感覚で、『Vコンテ』を観たお客さんは完成品が観たくなると思うので、プロモーションとしては正解だと思います。

今回はこの『Vコンテ』に仮で曲(BGM)もつけて、1時間半ほどの映像作品として劇場で上映しようかと。

権利等々、クリアにしなきゃいけない問題はいくつかありますが、必ず実現させます。

上映後に「交流会」をして、「あそこの台詞、もっと、こういう言い回しの方がいいかも」「なるほどね!次のアフレコの時にやってみる!」といったコミュニケーションがとれるといいよね!

そして、その過程も撮影しておいて、YouTubeで配信します。

何かと仕掛けまくるので、メガヒット作りにお付き合いください。

現場からは以上でーす。

 

 

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

毎朝2,000~3,000文字の投稿が届きます!

西野亮廣エンタメ研究所

リアルタイムで西野亮廣さんが手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを覗くことが出来ます。

ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA