『非公開記事~属人性の高さのメリットとデメリット~』 #西野亮廣エンタメ研究所 #過去記事 20200104

1月4日(土)

おはようございます。

年末の『天才万博』の舞台裏で、関係者相手に挨拶をする【けんすうサン】が、「あの…僕、インターネットだと、もう少し上手に喋れて、もう少しだけ面白いハズなんです」とモジモジ喋っていて、「こんな大人には絶対になりたくない」と思ったキングコング西野です。

※でも確かに、インターネット内のけんすうサン(特に最近のサロンの投稿!)は本当に面白いので、こちらオススメです→https://salon.jp/alu

さて。

サロンメンバーの皆様に『できる部分』だけを見せるのは卑怯な気もするので、今日は、僕や僕の周りの人間の圧倒的な弱点(というからには未だに改善されていない部分)を晒して、「僕、そこそこ困っているんですけど、どうしたらいいっすかね?」という悩み相談をしたいと思います。

(※少しシビアな話になるので、今日の記事は1年後も表に出さないでください)

テーマは「『属人』と『マニュアル』の調合」です。

(これまで何度も言っているので)知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、僕はオセロがベラボーに強いです。

公式戦(お客さんを入れた試合)では負けたことがありません。

僕のオセロの勝ち方は非常にシンプルで、「相手は今、どこに石を置きたいか?」だけを考え、そこを先に潰します。

つまり、「自分は今、どこに石を置きたいか?」という自分の気持ちは完全に後回しにして、徹底的に対戦相手の脳に憑依して、対戦相手の目から盤を見ます。そうすることで、次第に相手は打ち手が無くなり、勝負あり。

「勝つ」というよりも、「自滅させる」という表現が近いと思います。

元旦の投稿でも感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的に僕は「オセロ脳」でして、仕事を設計する時も、オフェンスは後回しにして、「どうすれば西野亮廣を殺せるか?」という、競合相手の目線から、西野亮廣まわりの活動を見ています。

その視点から見た時に、たとえば株式会社NISHINOは、「属人性の高さと、そこからくる『集客』の無自覚さ」が圧倒的弱点です。

この場合の『属人性』というのは・・・

 

・・・非公開・・・

 

答えはまだ見えていないのですが、ただボンヤリと『体温のあるマニュアル』という言葉が浮かんでいます。

精進します。

高速で試行錯誤を繰り返します。

間違っていたら遠慮なく教えてください。

2020年も宜しくね。

現場からは以上でーす。

https://voicy.jp/channel/941/66297

 

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

毎朝2,000~3,000文字の投稿が届きます!

西野亮廣エンタメ研究所

リアルタイムで西野亮廣さんが手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを覗くことが出来ます。

ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA