『切り取りハラスメント対策としてのオンラインサロン?』西野亮廣エンタメ研究所 過去記事20191227

12月27日(金)

おはようございます。

フィリピンでサロンメンバーと潰れるまで呑んで、目が覚めると成田空港にいたキングコング西野です。

どうやって帰ってきたん?

さて。

『天才万博2019』が始まりました。

会場となった『東京キネマ倶楽部』は初日から全員フルスロットルのカオスちゃん。

2日目の今日は「素人しか出演しない」ときました。どうなることやら?

黄色い声援と缶ハイボールの差し入れをお待ちしております。

そんなカオス忘年会の裏で、映画『えんとつ町のプペル』の制作をオラオラやっとます。

今日は、「映画『えんとつ町のプペル』とオンラインサロンの今後の絡め方」についてのお話を(サクッと)したいと思います。

「映画制作&ディズニーに挑む過程を共有する」なんて、オンラインサロンのコンテンツとしては申し分なくて、もちろん世間的にも制作過程は共有していくのですが、「オンラインサロンならでは」の共有物も欲しいなぁと思っていたところ……ありましたありました。

昨日、「えんとつ町」の3DモデルをYouTubeで公開したのですが、変な話ですが、あの映像は誰が見ても「制作途中」と分かるクオリティーだから公開できたんですね。

完成が「レベル10」だとしたら、「レベル2」だから公開できたわけで、「レベル8」は公開できないんです。

理由は、「レベル8は完成品だと勘違いされてしまうから」です。

「これはまだ完成ではなくて、ここから、もう2段階ぐらい上がるんです」と事前に説明をしても、文脈を切り取られてしまうのがインターネットです。

「レベル8」の映像が出回り、それが今度の映画のクオリティーとされてしまいます。

なので、表(文脈が切り取られる場所)では、「誰が見ても制作途中ということが分かるモノ」しか共有できないのですが、オンラインサロンだと、文脈が切り取られることもなく、「レベル8」のモノを「レベル8」として見ていただけるじゃありませんか!

というわけで、今後、このサロンでは映画『えんとつ町のプペル』の「レベル6~9」の素材を積極的に共有していこうと思います。

(※アニメーションスタジオ『スタジオ4℃』さんが「オンラインサロン内ならば」と許可をくださいました)

文章で説明しちゃっているので、今はまだ「レベル8の素材がどれぐらいで、そのあとの『仕上げ』の作業が、どれほど大切か?」をイメージするのは少し難しいかもしれませんが、映像を見ていただけると「仕上げ作業」の重要性が一発で分かると思います。

オンラインサロンは「切り取りハラスメントに遭わないインターネット」で、この性質を利用して、これまでの映画がコンテンツ化できなかった部分(※たとえばレベル8の共有など)を、他にも掘り起こしていきたいと思います。

映画公開までの1年間は忙しくなりそうです。

現場からは以上でーす。

【追伸】

『天才万博』2日目の今日は追加チケットも含めて完売。

明日はロザリーナと僕の師匠の『後藤ひろひと』が出ます。

明日のチケットはコチラから↓

http://tensaiexpo.thebase.in/items/16010357

【追伸②】

今日は、このあと、幻冬舎・箕輪さんから、このオンラインサロンに投稿があります。

お見逃しなく!

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

毎朝2,000~3,000文字の投稿が届きます!

西野亮廣エンタメ研究所

リアルタイムで西野亮廣さんが手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを覗くことが出来ます。

ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA