『“キャリオクCM”作成の依頼がきたよ』西野亮廣エンタメ研究所 過去記事20191211

12月11日(水)

おはようございます。

年末の『天才万博』の余興ダンスの出来に、(本来)覚えなくてもいい不安を覚えているキングコング西野です。

 

さて。

以前、「影響力を持ったオンラインサロンは『広告代理店』になる」と予言めいた投稿をさせていただきました。

これは少し考えれば「そりゃそうだな」となる話だと思うのですが、たとえば、僕と貴方の二人で作ったCMは最低『2回』は“好意的に”観られると思います。

僕と貴方がそれぞれ1回ずつ観るから、合計2回です。

10人で作れば最低10回は“好意的に”観られるし、3万人で作れば、最低3万回は“好意的に”観られます。

どうやら、たくさんの人に“好意的に”CMを観てもらう方法の一つに、「CMの『作り手』を増やす」という答えがありそうですね。

加えて、影響力を持ったオンラインサロンには、各界のクリエイターが集まっていて、かつ、それらのクリエイター達は「意見交換(世界観共有)も済んでいて、モチベーションも高い」ときました。

想像してください。

たとえば、SBヒューマンキャピタル株式会社さんからウチのサロンに『キャリオク』の新CM制作(広告代理店業)のオファーが来たとします。

最初の段階として、きっと僕は、3万人のサロンメンバーに「『キャリオク』の広告制作のオファーが来たよ~」という報告をするでしょう。

次の段階として、「『キャリオク』の場合、どんな広告をうてば、広告効果があるかなぁ? ちなみに僕は◯◯をしようかと考えてる」という3万人のサロンメンバーとの意見交換タイムがあります。

そこで広告の方向性がまとまれば、次は3万人のサロンメンバーの中から、その広告制作のスタッフを募る。

カメラマンさんや、デザインさんや、場合によってはメイクさんなど。

制作過程は3万人のサロンメンバーと逐一共有して、映像作品であれば、編集のラフの段階も共有し、3万人から「あーだ」「こーだ」言われながら、映像のブラッシュアップを繰り返していく。

この間(新CMが世に出る前の段階で)、ずっと3万人のメンバーに『キャリオク』の宣伝ができているわけで、僕がクライアントなら、こんなにも「広告効果が担保されている広告代理店(オンラインサロン)」は絶対に選ぶんですね。

僕が選ぶということは、僕と同じように考えている人も選ぶわけで、この度、SBヒューマンキャピタル株式会社さんから『キャリオク』の新CMの制作依頼をいただきました。

「オンラインサロンの皆様と『キャリオク』の新CMをゼロから作ってください」という依頼です。

https://kyarioku.jp/

「ゼロから」というのは、つまるところ「テレビCMにするのか? ウェブCMにするのか?」といった『どこに広告を出すか?』と決めるところからです。

ついでに言うと、『どのタレントを起用するか?』と決めるところからです。

面白そうでしょ(*^^*)?

もともと僕は『キャリオク』というサービスを応援しているし、仕事として請けるからには尚のこと、キチンと「数字」で結果を出したいと思っています。

「オンラインサロンでテレビCMを作りました」という響きは面白そうですが、それだとオンラインサロンの宣伝になってしまいます。

『キャリオクの利用者を増やす』というのが今回の目的で、僕個人的には、(あくまで今回の目的においては)テレビCMには広告効果が無いと思っていて、「ウェブCMの方がいいんじゃないかしら?」と思っています。

時間帯にもよりますが、『キャリオク』を必要としている層が、テレビの視聴者層と、あまりマッチしていなさそうですし(※この辺は調べてみます)、ウェブCMだと、CM終わりに、そのまま『キャリオク』の登録画面に飛べるので。

ただ、ウェブCMというのは、テレビCMに輪をかけて嫌われていて、基本、「エンタメの邪魔をする存在」として扱われています。

このままの立ち位置で『キャリオク』の新CMを流しても、嫌われるだけで、広告効果は期待できません。

「合間に挟まってくるCM」ではなく、「チャンネルを合わせたくなるようなCM」を作った方が良さそうです。

そこで、思ったのですが、『キャリオク』というのは【転職サービス】です。

んでもって、たまたま『キングコング』というコンビは、芸人から絵本作家に、芸人からYouTubeに、それぞれ【転職】して、ビックリするぐらい成功しています。

ついでに言うと、二人でウダウダ喋っているだけの手抜き(ノー編集)YouTubeチャンネルは毎回『30万回』は再生されています。

どうやら梶原と西野のフリートーク需要はありそうです。

これはウルトラCのアイデアなのですが、『キャリオク』の一社提供番組みたいな“たてつけ”にして、『毎週キングコング』のチャンネル内で、『キャリオク週間』(1日20分×7本)を作って、キングコングの二人が「転職したあの日」について語るフリートークを流してみてはどうでしょう?

ターゲットはピンポイント(※キングコングのフリートークを見たい人)になりますが、他所様のエンタメに『15秒CM』で邪魔者として入るよりも、よっぽど広告効果がありそうです。

YouTuberの企業案件が許されているので、「『毎週キングコング』のYouTubeチャンネルを使う」というのは、そこまで無茶苦茶な話でもないと思っています。

コンビ水入らずで、焚き火でも囲んで、「YouTuberになろうと思ったキッカケって、何やったん?」と話す20分ぐらいのCM(ほぼ番組)は、役者さんが台本を演じるよりも、よっぽど説得力のある広告だと思っています。

どうですかね?

とにかく今回のCM制作は、進行状況を逐一皆様に御報告していきたいと思います。

「他にも、こういうアイデアはどうでしょう?」があれば、コメント欄までお願い致します。

現場からは以上でーす。

【追伸】

CM制作にあたって、『キャリオク』のサイトに一度、目を通しておいてください。

コチラ→https://kyarioku.jp/

https://youtu.be/IeQlF6EdpdM

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

毎朝2,000~3,000文字の投稿が届きます!

 

西野亮廣エンタメ研究所

 

リアルタイムで西野亮廣さんが手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを覗くことが出来ます。

ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA