『期待値を設計してるか?』西野亮廣エンタメ研究所 過去記事20191205

12月5日(木)

週刊文春がスッパ抜いた田代まさしの『アジアの純真(PUFFY)』の替え歌の完成度の高さに震えているキングコング西野です。

「♪アヘン、コカイン、マリファナ、ヘロイン~、たまにやって、パァになって~、やらんフリして、たまにはやらないか」

#天才かよ

#教えてくれてありがとう文春

さて。

『西野亮廣エンタメ研究所』の公式YouTubeチャンネルが立ち上がって6日が経ち、いいかげん「答え」が見えたので、現状と今後の展開を御報告いたします。

もともと僕は『毎週キングコング』という週に1度しか更新しない手抜きチャンネル(登録者数27万人)を持っています。

以前、お話ししたとおり、そちらのチャンネルは「梶原君とコミュニケーションをとること」が目的です。

それ以上でも、それ以下でもありません。

梶原君のことが結構好きなんだと思います。

一方、今回のチャンネルの実験テーマは「西野の時間を1秒も使わない西野のYouTubeチャンネルは成立するのか?」です。

時間は皆に等しく有限で、西野の時間も1日24時間しかありません。

そのくせ、エンタメで世界を獲ろうとしています。

となってくると『時間配分』が重要で、「タレントとして稼働(露出)する時間を極力減らして、新作を生み出す時間を増やそう」となり、『西野の時間を1秒も使わない、西野のYouTubeチャンネルを立ち上げる』という結論に至ります。

日本語が紐付いてしまっているYouTube動画の制作に西野亮廣の時間を割くことは、世界展開を踏まえると本質的ではないわけですね。

今回は「既出の音声データ(Voicy)をコピペしただけのチャンネルがユーザーさんに受け入れてもらえるのか?」というのが勝負の分かれ目だったと思うのですが、再生回数を見ても、コメント欄を見ても、どうやら受け入れていただいているようです。

(※ぶっちゃけ、もう少し相手されないと思っていました)

このことを受けて僕らは、「音声しかない『西野亮廣エンタメ研究所』の公式YouTubeチャンネルの何が受け入れられて、今後は、どうすればいいのか?」を言語化し、整理する必要があります。

その答えを探るべく、スリランカ滞在中に(暇なので)様々なYouTubeの動画を14時間ほどブッ通しで見たところ、面白い動画に出くわしました。

それは、「ひろゆきサン」がどこかに出された音声に、素人が勝手にイメージ動画を貼り付けて、違法アップされたものです。

その動画のコメント欄を見ると、「イメージ動画が邪魔!」というコメントがあり、そのコメントに対して「画面を見るなよ」と至極真っ当なツッコミが入っていました。

この場合、正論ツッコミはどうでもよくて、目を向けなきゃいけないのは、「なぜ、『イメージ動画が邪魔!』というストレスを覚えた人がいるのか?」という部分で、これは典型的な【期待値設計ミス】だと僕は見ています。

満足度の計算式は「内容-期待値=満足度」で、この解がマイナスになると人は不満を覚えます。

(※すべてのサービスに当てはまる計算式なので、参考にしてみてください)

今回の違法アップ動画に関していうと、「イメージ動画を貼ってしまったせいで、逆に、映像に期待させてしまって、不満が生まれた」というわけですね。

真っ黒の画面に「ひろゆきサン」の音声だけ流れていれば、期待値は低いので、満足度はプラスだったと思います。

この事故を踏まえて考えると……

『西野亮廣エンタメ研究所』のチャンネルを立ち上げる時に、「ゆくゆくは僕がVoicyで録音している現場を横から撮影した動画をアップする」と言っていましたが、動画の質が悪ければ、不満が生まれてしまいます。

今、『西野亮廣エンタメ研究所』のチャンネルが喜ばれているのは、いい意味で、「お客さんがハナから(映像に)期待していないから」だと思うので、実は実は、『余計なテコ入れなどせず、このまま淡々と続けていけば、それなりに勝てる』というのが僕の見解です。

昨日丸一日YouTubeを勉強してみたのですが、空いているポジションを明確に見つけました。

もちろん、僕が1秒も時間を割かずに獲れるポジションです。

チャンネル登録者数が10万人突破した時にでも、お話しします。

(※チャンネル登録宜しくね!)。

YouTubeはもう勝ちが見えたので、次の挑戦に入ります。

現場からは以上でーす。

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年11月時点)

西野亮廣エンタメ研究所

リアルタイムで西野亮廣さんが手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを覗くことが出来ます。

超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA