『忌憚のない意見を聞くと人は不満を生み出す?』西野亮廣エンタメ研究所 過去記事20191204

12月4日(水)

おはようございます。

スリランカに来て、朝から晩までホテルに籠り、2日連続で日本食を食べ、いよいよ「これだったら日本でよかっただろ」と思い始めているキングコング西野です。

さて。

オンラインサロンの『コメント欄』を見るのが、結構好きです。いや、かなり好きです。

反対意見があっても、「もっと、こうすればいいと思う」という“生産性のある(みんなが前に進む為の)反対意見”しかなくて、気持ちがイイです。

基本的に僕は『個性』と呼ばれるものをあまり重要視していなくて、『個性』というのは『環境』がもたらしてくれるものだと思っています。

Twitter村にドリームキラーが大量発生しているのは、他人の夢を壊したり、否定したりすると、自分に何かしらのポイント(快感)が入る構造になっているからだと見ています。

ヒューマンエラーではなく、システムエラーですね。

「その人がもともとドリームキラーだったわけではなく、Twitterというシステムがその人をドリームキラーにさせた」という整理です。

オンラインサロンのコメント欄にドリームキラーが生まれないのは、「ここでドリームキラーになっても、自分に何のポイントも入らない」というシンプルな理由だと思います。

そんな中、昨日のコメント欄の動きは、いつも以上に面白かったです。

勉強になりました。

昨日のお題は「原稿で気になった部分の手直しをして」だったのですが、次から次へと出てくる出てくる手直しの雨あられ。

個人的に恥ずかしかったのは、『アフォーダンス』の使い方を微妙に間違えておいて、締めの文章で「ごらんのとおり、僕は横文字が苦手だから、この本でも横文字を使わないよ」と回収したつもりだったのですが、まるで伝わっておらず、ゲロスベリしたこと。

普通に「アフォーダンスの使い方を若干間違ってますよ!」という指摘がたくさん飛んできちゃいました。

文中でも「アフォーダンスの使い方を若干間違っていたよ」と自ら白状しているのですが、どうであれ、伝わらなかったら負けです。

伝わらないことが出版前に分かってよかったです。

一方で、意見を求めておいて何ですが、全員の意見を反映するつもりは毛頭ありません。

人は「面白さ」に惹かれて、「正しさ」には惹かれないので、「正しさ」に走ろうとする意見は無視です。

典型的なのは「ら抜き言葉」で、世の中には鬼の首をとったかのように「ら抜き言葉」を指摘してくる人がいますが、「朝早く起きられる」よりも「朝早く起きれる」の方が伝わるので、たとえ正しい表現でなくても僕は伝わる方を選びます。

「可愛すぎる」よりも「可愛いすぎる」と表現する方が童貞感が増して、目の中のハート量が多くイメージできるので、僕は「可愛いすぎる」という間違った日本語を選びます。

この僕と真逆の方向に走っている本が『教科書』です。

全員の「正しい」を反映し、全員が読みたくならない本が『教科書』です。

昨日のコメント欄では「教科書」方向に向かおうとする(正しい)意見もあれば、「教科書を書くのなら別に西野じゃなくてもいい」という意見もあって、いろんな人がいて面白かったです。

チーム運営の観点から特に勉強になったのは、コメント欄の後半の方に現れた、

「文中に『辞書で引いてください』とありますが、今はスマホが片手にあるのが当たり前だから、そこは『ネットで検索してください』にしてもらわないと“話が入ってこない”です」

というコメント。

「話が入ってこない」というのは嘘か誇大表現だと思います。

僕は絵本作家という仕事柄、小学生と遊ぶ機会がそこそこあるのですが、彼ら世代ですら、「辞書で引いて」という言葉を、「ググって」「検索して」に脳内変換する経験ぐらいは、これまで何度もしているハズで、現代人が「辞書で引いて」でブレーキがかかるとは思えません。

つまるところ「『辞書で引いて』は伝わらない」は「ためていた不満」ではなく「作り出した不満」で、『忌憚ない意見を募集すると、不満を製造し始める場合がある』ということを学びました。

くれぐれも、このコメントをくださった方を否定しているわけはなくて(※むしろメチャクチャ感謝してる!)、『ヒアリング』には「不満が聞ける」というメリットと「不満を産み出してしまう」というデメリットがあることが分かりました、という話です。

ここ数年でようやく「共創」という概念が浸透してきました。

ただ、今度の『大阪万博』を見ていても思うのですが、共創経験の少ないオジサン達が見様見真似で「皆で作ろー!」とか言い出していて、このまま進めると大失敗すると思います。

ヒアリングしまくって、もともと存在しなかった不満を大量生産するか、

皆の意見を反映して、誰からも愛されない「東京五輪のマスコットキャラクター」みたいな仕事を量産することになるでしょう。

皆で作るのは、プロだけで作るよりも何倍も大変だし、センスもいるし、なにより「皆に意見を求めるけど、べつに、全員の意見は反映しないよ」と言い切っても許される傲慢でキュートなキャラクターが必要です。

皆と一緒に作るには、どの部分を委ねて、どの部分を委ねちゃダメなのか?

皆と一緒に作るには、自分はどういうキャラクターでいなければいけないのか?

そんなことを、オンラインサロン運営で毎日学ばせてもらっています。

いつもありがとう。好きです。

昨日、皆様から御意見をいただいた『リーダーの歩き方(仮)』は必ず面白い本に仕上げますね(*^^*)

現場からは以上でーす。

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年11月時点)

西野亮廣エンタメ研究所

リアルタイムで西野亮廣さんが手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを覗くことが出来ます。

超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA