『キンコン西野が“よしもと男前グランプリ”に熱を入れた理由』西野亮廣エンタメ研究所 過去記事20191105

11月5日(火)

おはようございます。

『西野 女と密会3時間』というニュースがタイムラインに流れてきたので、僕のことだと思って記事を読んでみたら、サッカーの西野朗監督のニュースでした。キングコング西野です。

さて。

先々で必ず待ち構えている「癌」は早いうちに対応しておいた方がいいと思っておりまして……たとえば、イベントやサービスや作品を仕掛ける時に避けて通れない『広告』の問題などがそれです。

どれだけ良いイベントやサービスを作っても、お客さんが来てくれないと意味がありませんし、どれだけ素晴らしい作品を作っても、売れないと意味がありません。

ここでは、そういった「告知・集客・販売」をひとまとめに『広告』と呼ばせていただきますが、アクションをおこす以上は『広告』は無視できない存在です。

近い将来、自分に『広告』の問題が降りかかることは分かっているのに、多くの人が寸前になって『広告』に取りかかります。

映画公開直前になって誕生するTwitterの「宣伝用アカウント」などがそれです。

よっぽど熱狂的なファンでない限り「CMを好んでフォローする人」などいるわけがないので、宣伝用アカウントには宣伝効果などありません。

この3万人のオンラインサロンには、僕が承認されすれば誰でも記事を投稿することができるのですが、現在、承認せずに貯まってしまっている記事は、すべて、『サロンメンバー自身の活動の宣伝記事』です。

このオンラインサロンのタイムラインをサロンメンバーの宣伝版にするわけがなく、その他大勢のサロンメンバーが求めていない記事を僕が承認するわけもなく、いつも思うのは、

「3万人のオンラインサロンメンバーに向けて自分の告知がしたくなることは前から分かっていたんだから、前もって、普段のコメント欄で自分のキャラクターを売ってりゃ良かったのに。。」

そうすれば、僕も「宣伝記事」を承認できるので。

この問題を先回りして、手を打っているのが尾原サンや、けんすうサン。

(※尾原さんのオンラインサロンが700人を突破したそうです。すごい)

「先々で確実に待ち構えている『癌』は早いうちに対応しておきましょう」という話です。

ところで、最近、西野が『よしもと男前ランキング』に熱を入れています。

表では「このタイミングで、たいしてメディア露出していないキングコング西野が男前にランキングしたら面白いじゃん」と動機を語っていますが(それも嘘ではありませんが)、僕が『よしもと男前ランキング』に熱を入れている本当の理由は、そこではありません。

僕は今後もクラウドファンディング(SILKHAT)を利用する予定なのですが、ご支援いただく際のハードルの一つになっているのが『よしもとID』の登録です。

「支援はしたいんだけど、ID登録が面倒臭いから、支援は見送る」という人が一定数いて、逆に言うと、そこさえ潰してしまえば、応援したい人がスムーズに応援できるようになり、より多くの支援が集まります。

クラウドファンディング(SILKHAT)に挑戦する人間にとって、これこそが「先々で確実に待ち構えている『癌』」ですね。

『よしもと男前ランキング』に投票しようと思ったら、なにかと煩わしい「ID登録」という手続きをしなくちゃいけないのですが、『よしもと男前ランキング』を理由にID登録さえしていただければ、クラウドファンディング(SILKHAT)を利用するハードルがグンと下がります。

話をまとめると、キンコン西野が『よしもと男前ランキング』に積極的に参加している理由は「SILKHATの利用者を増やす為」です。

表ではナイショにしておいてください(^-^)

昨日、聞いたのですが『よしもと男前ランキング』の優勝者には賞金100万円が出るそうです(ホントに知らなかった)。

まかり間違って、僕が優勝したら、賞金は全額被災地に寄付させていただきます。

挑戦しやすい世界を作ります。

ひきつづき『よしもと男前ランキング』を宜しくお願い致します。

現場からは以上でーす。

 

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA