『持続可能な町おこし?リアル西野コンサル』 #西野亮廣エンタメ研究所 #過去記事 20190805

8月5日(月)

おはようございます。

昨日、「今の吉本興業の向かい風っぷりを見るかぎり、次に目をつけられるのは公的資金の使われ方で、それこそクールジャパンパークとかでやってるイベントの内容(集客も含む)が表に出たら、死ぬほど叩かれるから、ああいうのは僕に頼んでプロデュースさせた方がいいと思うよ」というクソ天狗発言が飛び出したキングコング西野です。

さて。

昨日・一昨日から引っ張っておりました『宿泊施設』のお話です。

『えんとつ町のプペル美術館』をランドマークとした町作りは、スーパー銭湯『湯櫻(ゆざくら)』のオープンで一気に士気が上がり、分かりやすく、周辺の土地の値段も上がっています。

ベッドタウンとして栄えた兵庫県川西市は今、「帰る町」から「行く町」へのアップデートを求められているわけですが、残念なことに、川西にはホテルが一軒もありません。

『えんとつ町のプペル美術館』やアレやコレやのコンテンツで、お客さんを川西に呼んでも、夜には大阪のホテルに帰ってもらわなくちゃいけなのです。

『湯櫻』は24時までやっているのですが、終電のことを考えたら、そんな時間までお湯に浸かっていられません。

https://www.supersento.com/kinki/hyogo/kisela_kawanishi.html

「宿泊施設が無い」は川西市が抱えている非常に大きな問題で、どうにかして、ここを突破しなくてはなりません。

そんな中、今、目をつけている土地があるのですが、この土地には「やっかいな問題」と「超ラッキーなニュース」が一つずつあります。

【やっかいな問題】としましては、土地には『地目(ちもく)』と呼ばれる、その名の通り「土地の目的」があるのですが、ここの土地はホテルを建てちゃダメなんですって。

「地目変更」が可能かどうか分かりませんが、できたとしても、数年先。

コイツは困りました。

市としても、そこにホテルがあった方が絶対にいいのに、土地というのは、いろいろややこしいみたいです。

ただ、「皆がホテルを求めているのに、ホテルを建てちゃダメ」というハチャメチャな状況は、「おい、西野。本当に『ホテル』でいいのか?」というエンタメの神様からの暗示なのでは?と考えてしまうのが西野ポジティブ亮廣です。

ここで、あらためてホテルのことを考えてみました。

そういえば先日、長崎県の壱岐島に行った時に、田村Pがベッドルームの他に和室がついて、島自慢の朝食などもついている超絶イイ感じのホテルを押さえてくれたのですが、夜遅くまで近所の酒場で呑んでいたものですから、ベッドルームに直行で、和室なんて1秒も使っておりませんし、そもそも朝食なんぞ20年近く食べておりません。

ときどき、部屋に洗濯機が付いてるホテルがありますが、あれも使っていません。

つまり僕のような人間は、ホテルを『ベッド』としてしか使っていなくて、“使っていないホテルのサービスに結構なお金を払っている”んですね。

んでもって、歩いてすぐのところにはスナック 『Candy』があり、大浴場もサウナも岩盤浴も御食事処もリラクゼーションルームも完備している『湯櫻(ゆざくら)』があるという状況です。

さらには近所にコインランドリーなんかも作ろうとしています。

となると、この土地に必要なのは、ホテルではなくて、完全個室になっている『ベッド(休憩スペース)』で、朝食や風呂や洗濯機(コインランドリー)は外付けで、利用したい人が追加料金で利用すればいいんじゃねぇの?

「ベッド以外は外付け」という方向でデザインすれば、宿泊代は4000~5000円で押さえられるし、『ホテル』ではなく、『休憩スペース』という扱いになって、建てることができそうです。

【やっかいな問題】としてスタートしましたが、なんならコッチの方が良さそうな気がしてきました。

んでもって、【超ラッキーなニュース】としましては、この土地の持ち主がサロンメンバーのお父様だったことです。

お父様には、すでに三日前に、ご挨拶させていただいて(仕事が早いぞ西野!)、宿泊施設を作りたい旨をお伝えし、応援していただけることになりました。

まだまだクリアしなきゃいけない問題は山積みですが、とりあえず、こんな感じで「宿泊施設」作りを進めています。

恥ずかしながら右も左も分からない男ですので、皆様からのお知恵も頂戴できればと思っております。

楽しくて、優しい町を作りましょうね。

現場からは以上でーす。

【追伸】

チケットが即完した『テイラーバートン』のゲネプロ(本番同様の通しリハーサル)のチケットが発売されました。

ゲネプロのチケットを発売したのは生まれて初めてです。

「本番同様」とか言っていますが、確実に遊ぶので、本番とは内容が若干変わると思います。

是非(*^^*)

 

 

【西野亮廣エンタメ研究所 入会はこちら】

salon.jp/nishino(月額980円 2020年12月時点)

毎朝2,000~3,000文字の投稿が届きます!

西野亮廣エンタメ研究所

リアルタイムで西野亮廣さんが手がけているプロジェクトの裏側や、今、考えていることを覗くことが出来ます。

ビジネスパーソン、エンタメに関わる方、学生、主婦・主夫の方にも超おススメです!

毎日投稿!Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA